ホーム
タンザニア便り イベント
原画展
ティンガ
ティンガ
コーヒー アフリカの布 料理
レシピ
Online
shop
企業
情報
SDGs
アフリカ民話 ブログ 紅茶 カンガ キテンゲ アフリカ布使い方 取扱店 業務用
製品
一覧
お問
合せ


ニエレレ
Julius Kambarage Nyerere( 1922‐1999)

東アフリカ、タンザニアの初代大統領。タンガニーカ西部の小村ブティアマで、ザナキ族の首長の息子として生まれた。
タボラ高等学校を経て、1943‐45年ウガンダのマケレレ大学に在学、教育学の免状を得た。
卒業後タンガニーカに戻り、カトリックのミッション系高校で教えた後、49年イギリスに留学、エジンバラ大学より文学修士号を得て52年帰国した。
53年タンガニーカ・アフリカ人協会の会長となり、翌年7月,最初の政党タンガニーカ・アフリカ人民族同盟(TANU)を創設して党首となった。その後活発に民族主義運動を推進し、TANU を強力な全国組織に育て上げ、61年のタンガニーカ独立時には首相となった。
翌年大統領制がしかれると初代大統領となり、64年ザンジバルとの合邦をまとめ、67年のアルーシャ宣言は彼の筆になるといわれる。アフリカ社会主義路線を明確化し、農村の社会主義化を目標とするウジャマー社会主義を推進(ウジャマーはスワヒリ語で家族とか友愛の意)。85年大統領をムウィニに譲り引退。
知性と清潔な人柄、巧みなユーモアをもち、〈ムワリム(先生)〉の愛称で国民に親しまれた。
著書に『解放と統一』(1969)、『解放と社会主義』(1969)、『解放と開発』(1973)がある。

(平凡社「世界大百科事典」吉田 昌夫、小学館「日本大百科全書」林 晃史を参考にしました)