ティンガティンガ

アーティスト紹介​

Saidi Nakoko

ナココ

1952年生まれ
アーティストになる前は、映画館に18年も勤めていたという変り種。
38歳で絵筆を持ったその日から、アイディアが沸き続けていると言う。

「映画館に勤めて、美しい映像をたくさん見ていたおかげかな」
と笑うナココの描くカバは、ソフトタッチで実に愛くるしい。
特徴ある象とともに、彼のオリジナル。
難聴という障害を持つが、「目が見えて、手が動けば幸せさ」と笑い飛ばす。

Amondeの実弟。