ティンガティンガ

アーティスト紹介​

Yafidu Ally Makaka

ヤフィドゥ

1976年生まれ
トンドゥール地方、ナカパニャ村出身
1989年、ダルエスサラームに出てきて理容師として働いていたが、叔父Charindaはじめ、親族が多く働くティンガティンガ工房に出入りする間に、アーティストを目指すようになり、1991年から絵を描きはじめた。

美しい色合いと繊細さなタッチで、独自のちょっぴり不思議な動物ワールドを展開中。
オーソドックスなスタイルから、個性派へと転身したのは1995年のこと。
「きっかけは、夢の中に出てきた動物たちの姿をキャンバスに描いたことです。
思いがけず面白いキャラクターが生まれたので、この路線で描いていこうと考えました」

大型動物と小さな脇役たちが奏でるやさしいストーリー、長老アモンデ氏の作風を受け継ぐ、唯一のアーティスト。氏の逝去にあたり、アモンデの作風を世界に残すべく、製作を始めている。
2017年秋初来日、横浜高島屋、大丸心斎橋店、玉川タカシマヤ、あべのハルカス近鉄本店の各会場にて公開制作を行い、好評を博す。

2017年「アフリカの民話集 しあわせのなる木」未来社より発刊。(文 島岡由美子/絵 ヤフィドゥ・マカカと8人のティンガティンガ・アーティストたち )
ザンジバル在住30年の著者が、アフリカの人々から伝え聞いた、各地に伝わるお話20篇に、ヤフィドゥはじめ9名のアーティストにより、ティンガティンガ・アートの挿絵が描き上げられた。

2018年春2回目の来日、京都高島屋、阪急うめだ本店、横浜展、名古屋展、大阪高島屋の各会場にて公開制作を行い、好評を博す。