ティンガティンガ

アーティスト紹介​

Mwamedi Rajabu Chiwaya

ムワメディ

1979年生まれ
ダルエスサラーム出身
ティンガティンガアーティストの父 Rajab Chiwaya の影響で1991年から絵筆を持ち、
ティンガティンガアートの世界へ。
1995年から本格的に活動を始める。

「私は、小学校しか行っていないけれど、ティンガティンガアーティストとして誇りを持って生きています。
父から習ったオーソドックスタイプと、自分らしさを前面に出した作風の二つを描き分けています。
ゾウやキリン、鳥などは、描き方が幾通りもあるんですよ」

作品ごとに表情や描き方が変わる動物たちの絵が人気。
まるでメリーゴーランドのような楽園を描き出す美しい色遣いもMWAMEDIの持ち味。

サインは MWAMEDI

2014年ティンガティンガ原画展に初来日、 これまでタンザニアを出たことがなく、彼にとって初めての外国がここ日本。うめだ阪急、なんば高島屋、大阪市立天王寺動物園、あべのハルカス、
2015年、札幌展@アートスペース201、横浜高島屋、あべのハルカス近鉄本店、阪急うめだ本店の各地にて公開制作を行い、人気を博す。

2012年、美しい色で表現されたキリンのカップルを描いた作品が、オフィスコーヒーのパッケージデザインに起用されました。

(株)バラカは、大阪市立天王寺動物園開園100周年を記念して、2015年1月、天王寺動物園へ、ティンガティンガ・アートを寄贈致しました。
ムワメディ氏が、特別に描き上げた天王寺動物園100周年記念作品です。
作品タイトルは「天王寺動物園開園100周年おめでとう!
   ~ Hongera kwa miaka 100 TENNOJI ZOO ! ~」