Article

記事詳細

タンザニア甲子園 2021 ソフトボール優勝、男子野球は今年も、準優勝!

タンザニア野球&ソフトボール大会2021(第9回タンザニア甲子園)が、2021年12月12~15日にダルエスサラームで開催され、ザンジバルは、野球(男子)、ソフト(女子)とも決勝進出を果たし、男子野球は準優勝(4年連続です!) 女子ソフトボールは、初優勝しました!

みなさま、今年も、熱き応援ありがとうございました!

******
私たち島岡は、前半2日間ダルエスサラームに行き、その後ザンジバルにもどりましたので、コーチからの連絡を待ちながら勝利を祈っていたところ、決勝戦の当日は、日本からいらしたソフトボールコーチの合田智子さん(世界各国でソフトボールのプロ選手として活躍後、現在は日本在住)から経過を教えて頂けたので、オンタイムで様子を知ることができました。
この記事の最初の表彰式の写真も、合田さんから送っていただきました。合田さん、ありがとうございました。

試合の合間にも、選手たちに熱心に指導してくださった合田コーチを囲んで、パチリ。

***********
野球の決勝戦はタンザニア本土ベテランぞろいの強豪ファルボーイズVSザンジバル なんと16-0でコールド負けを喫してしまいました!

ソフトの決勝戦は、宿敵ジュフディVS ザンジバル。前半はシーソーゲームになったものの後半はチームワークで勝ったザンジバルが引き離し、10-5で初優勝!

この対戦表の写真は、J-ABS(代表 友成晋也氏)の花香さんから送っていただきました。

*********
☆今年の大会は、初日からほぼ毎日、朝方に大雨が降るパターンで、試合開始を待ったり、途中で中断してまた待ったりという場面もあり、選手たちも運営するTaBSA(タンザニア野球連盟)も大変だったと思いますが、最終的には、全試合おこなってタンザニア1を決めることができて本当に良かったです。

(大会初日、会場に向かう道が川状態になってました!!!)

少し前のタンザニア便りで、今年は雨季がこなくて日照り続きで水と電気不足とお伝えしていましたが、その後遅れて雨季に入ったため、今度は明けるのが遅くなっていて、野球大会に直撃したという感じです。

【自主合宿でチームが一つに】
これは、ザンジバルでの練習最終日、マンゴーの木のあるいつものグラウンドで撮った写真です。
いなかの子たちも、町の選手の家に泊り込みでみっちり練習したので、チームワークはばっちり。

【教えていただいたことを忘れずに】
ザンジバルチームは、初代コーチの上原拓さんがおしえてくださった「野球・ソフトボールをENJOYエンジョイしよう」を合言葉に、
2代目の島田コーチが選手たちにかけていた「You can、できる、できる」の言葉を互いに掛け合い自信をもって、
国際審判の小山さん、座間さんがおしえてくださった、「justice and respect 正義と尊敬しあう心 ]を胸に、タンザニア本土に渡って、一丸となって試合に挑み、良い結果を残すことができました。

【祝勝会は、ヤギ肉パーティ】
そうこうして、今年も暑い、熱い大会が終了し、女子ソフトは優勝カップと金メダル、男子野球は準優カップと銀メダルをザンジバルに持ち帰ることができましたので、ザンジバル武道館でヤギ肉パーティーをして選手たちをねぎらいました。

出張料理にがおいしく焼いてくれたヤギ肉20キロ、鶏10羽、ジャガイモ20キロ分のチップスが、食べ盛りの選手たちによってあっというまに平らげられました。

ちなみに、タンザニアでは、高級なのはヤギ肉、その次が鶏肉、市場に安いのが牛肉の順なので、ヤギ肉バーベキューはみんなの大好物なのです。

ザンジバル野球&ソフト連盟 名誉会長を務める島岡からは、「地道な練習を続けることが勝利への道であることと、今まで教えていただいたことを忘れず、コーチや先輩たちが、後輩たちに伝えていきながらザンジバル野球&ソフトを発展させていこう」と激励。

【日本でのソフトボール国際大会に招聘されたタンザニアチーム】
ところで、今大会は、タンザニアナショナルチームの選考も兼ねていて、ザンジバルからも7名が選ばれたそうです。

なんでも、来年6月に群馬県の高崎市ソフトボール場・宇津木スタジアムで開催されるUTSUGIカップという国際大会に招待されたそうで、タンザニアチームとして遠征することになっているそうです。
選ばれた選手たちはとてもはりきっていて、早速今週末から練習を再開すると言っていました(町の子と田舎の子が混じっているので、週末に合同で練習します)

************

新聞ZANZIBAR LEOにも、ソフトボール初優勝&野球の準優勝のことが、大きく載っていました。
まだまだベースボールもソフトボールも知らない人が大半なので、この新聞を読んだ人たちは、「柔道マスター(島岡は、長年ザンジバル柔道連盟名誉会長の方で知られていますので)が一緒に写っているけど、いったいどんなスポーツなんだろ?」と思ったいたことでしょう(笑)

**********
今年も熱きご声援ありがとうございました。
選手からも、「アサンテ・サーナ(ありがとうございました)」

これからも、野球、ソフトがこの地に根付き、野球大好き男子、ソフト大好き女子が増えていくよう、引き続き応援していこうと思っています。
来年も、時折タンザニア便りで、野球&ソフトの話題もお伝えしていきますので、ご一緒に、ザンジバル、タンザニアの地に、野球、ソフトボールが根付き、発展していくよう見守っていただければ幸いです。

 島岡由美子


タンザニア便り目次ページは、→こちら
アフリカの花便り目次ページは、→こちらです。

花の本、出版のお知らせ
私にとって初めての写真本(オールカラー)
「アフリカに咲く熱帯の花・笑顔の花~ワイルド・フラワー120」
2022年2月に出版予定です。


アマゾン、楽天はじめ、各オンラインショップや、バラカのセレクトショップでも予約始まっています。
アフリカに咲く花と笑顔が満開の写真本、アフリカのほがらかな魅力をお伝えします。