Article

記事詳細

バラカ主催 ティンガティンガ原画展2022【第13回横浜展】【第15回名古屋展】

【第13回横浜展】○会場:ギャルリーパリ
○日程:2022年4/28(木)~5/8(日)

【第15回 名古屋展】 ○会場:妙香園画廊 6F
○日程:2022年5/20(金)~5/29(日)

*   *   *   *   *   *

バラカ主催ティンガティンガ原画展2022 横浜・名古屋で開催いたします!

 笑顔の花 ~出版記念展~

太陽が照りつけ大地がカラカラになる乾季、数週間も激しい雨がうちつける雨季、
熱帯の厳しい自然の中で、アフリカのワイルドフラワーはたくましく、美しく咲いています。
ティンガティンガの中にも描かれる熱帯の花木、サバンナの動物たちの目には、その色はどのように映っているのでしょう。

タンザニアのダルエスサラーム郊外にある、ティンガティンガ芸術村(工房)のアーティストたち、古参メンバーから若手実力派による作品を、横浜、名古屋、両会場いっぱいに並べて、皆様をお迎えします。
カラフルな原画作品に囲まれて、アフリカ直輸入製品がにぎやかに並ぶアフリカンマーケットを通じて、アフリカを体感いただける、楽しい企画展です。

会期中両会場では、タンザニア在住バラカ代表 島岡 強・由美子が来日、皆さまをお迎えいたします。

ティンガティンガ村の様子や、アーティスト達の製作風景、今年のティンガティンガ展の見どころは → タンザニア便り2022よりご覧いただけます「バラカ主催ティンガティンガ原画展2022@横浜・名古屋『笑顔の花』~見どころ、制作風景」

会場地図入りイベントチラシ、DM(ご案内はがき)をご希望の方は、枚数とご送付先を、お知らせください。チラシ配付のご協力もうれしいです!

*     *     *     *     *

【第13回横浜展】

▼日程:4/28(木)~5/8(日)
 11:00~19:00 (最終日17:00まで)
▼入場無料
▼会場:ギャルリーパリ
 横浜市中区日本大通14 KN日本大通ビル1F(旧横浜三井物産ビル)
 TEL:045-664-3917
▼アクセス:JR、地下鉄「関内駅」徒歩5分、みなとみらい線「日本大通り駅」3番出口徒歩1分

同時開催!【チャリティ野外イベント~日本大通りアフリカンアートストリート2022~】

○日程:5/3(火祝)~5/5(木祝) 11:00~17:00
○入場無料・雨天中止
○主催:日本大通りアフリカンアート実行委員会 NGOザンジバル・スポーツ教育振興会
○後援:横浜市中区役所

【ミュージックライブ】

○日程:5/3(火祝) 13:00/14:00/15:00(3回ステージ)
○出演:サニーサイドゴスペルクラブ横浜様

GWの横浜で楽しいチャリティ野外イベント!
アフリカンマーケット&ミュージックライブでアフリカを楽しみましょう!

*     *     *     *     *

【第15回 名古屋展】

▼日程:5/20(金)~5/29(日)
 月~木 10:00~17:00 
 金土日 10:00~17:30 (最終日16:00まで)
▼入場無料
▼会場:妙香園画廊 6F
 名古屋市中区栄3丁目14-14(大津通り沿い)
 TEL:052-241-1533
▼アクセス:地下鉄「栄駅」サカエチカ7番出口徒歩3分、地下鉄「矢場町駅」6番出口徒歩3分

*     *     *     *     *

★出版記念スペシャルイベント★

著者来日サイン会 
全日程在廊いたします!
バラカショップ限定特典として、オリジナルポストカードをプレゼント!
「アフリカに咲く熱帯の花、笑顔の花 ワイルドフラワー120」
 2022年2月22日発刊

【2022年2月発売のアフリカ新書】

クリックすると元のサイズで表示します
「アフリカに咲く熱帯の花、笑顔の花 ワイルドフラワー120」
 2022年2月22日発刊
すこぶる明るく美しい花たちと朗らかな笑顔の花が満開のほんとなっています🌺

現地の映像と写真たっぷりの花の動画もこちらからお楽しみいただけます🌸
https://youtu.be/qx4zy5uq4dw (1分半のショートバージョン)
https://youtu.be/6x8AY5rKz8E (たくさん花木がみられる5分のロングバージョン)

*     *     *     *     *

おかげさまで バラカは 設立14周年
~アフリカ製品プロジェクトは24年目~

『原材料(コーヒー豆、綿花等)ではなく、製品(インスタント珈琲、紅茶、カンガ布、ティンガティンガ・アート)の輸出で、タンザニア経済発展の一翼を担おう』――1999年より推進しているアフリカ製品プロジェクトに基づき、バラカは、2007年設立から一貫してタンザニア製品の輸入販売、およびプロモートを手がけています。
本展収益の一部は、現地アーティストへの画材支援とともに、日本赤十字社を通じ東日本大震災および各被災地への義援金、新型コロナウイルス医療対策への寄付金として使わせていただきます。

●感染拡大防止のため、招聘アーティストによるライブペイント実演、横浜展オープニングパーティはおこないません。●都合により内容が変更・中止になる場合がございます。●混雑状況はSNS、お電話にてご確認いただけます。混雑時の入場制限をお願いする場合がございます。●ご来場の際は「マスクの着用・手指の消毒」をお願いします。

*     *     *     *     *

About TingaTinga Art

1968年、ティンガティンガ・アートは、ティンガティンガ氏とその弟子たちが、大きなバオバブの樹の下で、絵を描きながら始まりました。ティンガティンガという名称は、創始者の名前Edward Saidi Tingatinga(1937-1972)に由来します。

タンザニアの豊かな自然、動物や鳥、人々の暮らしを、たった6色のペンキから色鮮やかに、下描きをせずのびのびと描きだす、ダイナミックな作風が魅力です。創始者亡き後、師の作風や精神が受け継がれ、描写方法やスタイルも色々な方向へと枝分かれし、現在ティンガティンガ芸術村では、約100名のアーティストが活動しています。

来日画家ムワメディ氏によるライヴペインティング(連日)
ムワメディ氏の来日が決定し横浜展、名古屋展にてライブパフォーマンスを披露いたします。

■ 来日ティンガティンガ・アーティスト ムワメディ氏の経歴 ■
1979年ダルエスサラーム生まれ
ティンガティンガアーティストの父Rajab Chiwayaの影響で1991年から絵筆を持ち、
ティンガティンガアートの世界へ。1995年から本格的に活動を始める。
「私は、小学校しか行っていないけれど、ティンガティンガアーティストとして誇りを持って生きています。父から習ったオーソドックスタイプと、自分らしさを前面に出した作風の二つを描き分けています。ゾウやキリン、鳥などは、描き方が幾通りもあるんですよ」
作品ごとに表情や描き方が変わる動物たちの絵が人気。
美しい色遣いもMWAMEDIの持ち味。2014年初来日。

【東アフリカ自慢のオーガニックインスタントコーヒー】

クリックすると元のサイズで表示します

新商品アジュア・デーツ&スッカリ・デーツ

栄養素抜群のプレミアムデーツ・アジュア

幅広く人気のデーツ・スッカリは量り売りを行います(※100g~)

【手仕事が光るアフリカンガンドメイド雑貨】

【独特な配色・不思議な模様が魅力 アフリカ布キテンゲ雑貨】

 色鮮やかな東アフリカの民族布カンガやキテンゲ。
手仕事のぬくもりが楽しいアフリカ雑貨、
アフリカ布で作られたファッショングッズなど、
今季の新作・新柄を多数ご紹介予定です。

クリックすると元のサイズで表示します

バラカのアフリカグッズを、楽しみながら、身近に取り入れていただくことは、遠く離れたアフリカの経済的自立につながっています。
アフリカ現地での取組、フェアトレード、エシカルの取組『アフリカ製品プロジェクト』については、

→ アフリカフェ@バラカHP
をご覧ください。

【アフリカ製品動画プロジェクト】

弊社取り組みとティンガティンガアートについて、Youtubeにて公開中です。
詳しくは「baraka アフリカ製品プロジェクト」で検索!チャンネル登録お願いします!

↓下記QRコードからもご視聴頂けます。