Article

記事詳細

テイキンザクラ~南洋桜*日本を思い、愛でた花

今年も、8月が来て、終戦の日がめぐってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。
今日のアフリカの花は、提琴桜(テイキンザクラ)。

提琴とはバイオリンのことで、花名の由来は、葉っぱの形がバイオリンを連想させることによるそうです。
別名、南洋桜とも呼ばれ、南方戦線の兵隊さんたちが、日本の桜を偲んでつけたとのこと。
*********
「南洋桜」と呼ばれる花は、他にもいくつかあるようですが、実際に、この花を前にすると、大きさといい、可憐な五弁の花の様子も含めて、桜を偲ぶ日本人の心にぴったりだったのだろうなと感じます。

************
紅色とピンク色があるようですが、私が出会ったのは、美しい紅色の花の方でした。
淡い桜色とはちがって、熱帯の花らしく、はっきりとした紅色の花を、南洋桜といって愛でる気持ちに共感します。

**********
とはいえ、実は、桜との類縁はなく、
トウダイグサ科ナンヨウアブラギリ(ヤトロファ)~Jatropha integerrima

********
本物の(?)ナンヨウザクラ科の南洋桜(Muntingia calabura Linn)は、白い花をさかせ、赤い実がなります。
このナンヨウサクラも熱帯の花で、あちこちで見られますので、また別の機会に紹介しますね。
**********

アフリカには、笑顔という花も、たくさん咲いています。
今日の笑顔は、この1枚。

学校帰りに、ザンジバル武道館の前のグラウンドで、サッカーをして遊んでから帰るのが日課のカスムくん、
「あ~、楽しかった!」の笑顔です。
どこの国でも、子どもは、
「よく学び、よく遊べ!」ですね。
皆さんの周りには、どんな花が咲いているでしょうか?
  バラカタンザニア    しまおか ゆみこ
[[pict:camera]]写真をクリックすると、大きな画像が見られます。
🌼バラカのHP熱帯の花・アフリカの花の目次は、こちらです。みなさま、ご一緒に、トロピカルフラワーを楽しみましょう!
******
☆タンザニア便りも綴っています。
最近の記事は、こちら、目次ページは、こちらです。
🌻「アフリカに咲く熱帯の花、笑顔の花 ワイルドフラワー120」(オ
ールカラー)
を、2022年2月にかもがわ出版から上梓しました。

この本は、書店、アマゾンなどオンライン、バラカのセレクトショップでも購入できます。図書館ご利用の方はリクエストしてくださいね。
🌺動画で、アフリカ花の旅に出ませんか?
https://youtu.be/qx4zy5uq4dw (1分半のショートバージョン)
https://youtu.be/6x8AY5rKz8E (たくさん花木がみられる5分のロングバージョン)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。