Article

記事詳細

ハイドランジア~アジサイを楽しもう!

Let’s enjoyTropical Flower in Africa~Hydrangea
〔ハイドランジア~アジサイ】

**************
アリューシャで、「こんなアジサイみたことない!」っていうぐらい、大きなアジサイに遭遇しました。

  
************ 
アジサイの季節に日本に行くことは、ほぼないですし、ザンジバルは暑すぎるせいか、アジサイは見たことがないので、久々にアジサイを見ることができてHappyでしたし、
日本で暮らしているときは、アジサイなんて、毎年見られるのがあたりまえと思って気にしていませんでしたが、いざ見られなくなると、なつかしく感じるものですね。
*********
ご存知のとおり、アジサイの原産地は、日本。
アフリカが原産地の花を見つけるのもうれしいいですが、日本が原産地の花が、こちらに咲いているのを見つけるのも、またうれしいものがあります。
これは、南アフリカのプレトリアで出会ったアジサイ。

すでに寒くて乾燥している季節でしたのに、健気に咲いていました。
南アフリカには、日本の花木もたくさん植樹されて南アフリカにすでに土着しているそうで、アジサイ、南天など、日本的な花もいろいろみることができてなつかしい気持ちになったのを覚えています。
今日のおまけ写真

 ↑   ↑
プレトリアで出会った、南天の花と実
***********
アジサイ 紫陽花、
学名 Hydrangea
**********
西洋アジサイといえば、こちらは、ミラノ@イタリアの街角で見かけたアジサイ。

このときも、おお~!アジサイだ!となつかしくなって、立ち止まったのを思い出し、たしか写真も撮ったはずとパソコンの中を探したら、この写真が出てきました。
この西洋アジサイも、もとをたどれば、日本から西洋に渡ったんだなと想像すると、世界は花でもつながっているなと思えてきます。
***********
2020年に日本で見たアジサイを、⇒日本のアジサイ特集ページにまとめました。この年は、思いがけず日本でアジサイを見ることができて感激しました!
横浜の蒔田中学校のアジサイ先生から、アジサイにまつわるいろいろなお話を聞きながら拝見したいろいろなアジサイを紹介しています。
たとえば、

コサージュ
コンペイトウ~まるでシュガークラフトのよう
八丈千鳥(ハチジョウチドリ)
岩がらみ イワガラミ 盆栽にも
火の鳥~まるで飛んでいきそうな
城ケ崎~伊豆で発見された
 
霧島の恵み~やさしい色やね
桜花乱舞 「これもアジサイ?」
ヤマアジサイ
などなど、24種類を紹介しています。
日本のアジサイ特集ページは、⇒こちらです。
*********
アフリカには、「笑顔」という名の花も、たくさん咲いています。
今日の笑顔は、この1枚。
食事作りで忙しいママ(右後方)の代わりに、赤ちゃんをお守りしながら遊んでいた子どもたち。
「早くご飯できないかな」の笑顔です。

みなさんの周りには、どんな花が咲いているでしょうか?
             しまおか ゆみこ
******2022年2月追記*****
🌼バラカのHP熱帯の花・アフリカの花の目次は、こちらです。みなさま、ご一緒に、トロピカルフラワーを楽しみましょう!
🌻「アフリカに咲く熱帯の花、笑顔の花 ワイルドフラワー120」(オ
ールカラー)
を、2022年2月にかもがわ出版から上梓しました。

この本は、全国書店、アマゾンなどオンライン、バラカのセレクトショップでも購入できます。図書館ご利用の方はリクエストしてくださいね。
🌺動画で、アフリカ花の旅に出ませんか?
https://youtu.be/qx4zy5uq4dw (1分半のショートバージョン)
https://youtu.be/6x8AY5rKz8E (たくさん花木がみられる5分のロングバージョン)
******
☆タンザニア便りも綴っています。
最近の記事は、こちら、目次ページは、こちらです。

「ハイドランジア~アジサイを楽しもう!」への1件のフィードバック

  1. ☆☆☆さん、拍手コメントありがとうございます。
    日本でおなじみのアジサイを、外国で見つけると、また格別なうれしさがあります。
    特に、私が住んでいるザンジバルではアジサイをみることができないので、よけいテンションがあがります。
    >海外の紫陽花もきれい❗

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。