Article

記事詳細

ワイルドフラワー リューカデンドロン テーブルマウンテンの頂上で、思ったこと

南アフリカのテーブルマウンテンのてっぺんで、リューカデンドロンに出会いました。
舌をかみそうなので、なじみやすいコーンブッシュと呼んだほうがいいかな??

花に見える上部の色づいた部分は葉が変化した苞葉(ほうよう)。
花はその中のこんもりした部分。 

学名 Leucadendron リューカデンドロン
英名 Cone bush コーンブッシュ
   
ヤマモガシ科リューカデンドロン属
花言葉   沈黙の恋、閉じた心を開いて

**********
シルバーリーフツリーと呼ばれるだけあって、白~銀色の葉のが多かったですが、中には、こんな色のもありました。

********
この花の原産地は、南アフリカのケープ州。
花の原産地で、自然に生えている姿を見ると、より感動します!
テーブルマウンテンのてっぺんで、こんなワイルドな立ち姿を見せてくれました。

**********
************
『テーブルマウンテンの頂上で、思ったこと』

南アフリカで、このように、珍しい花を心置きなく楽しめるのも、アパルトヘイトという人種隔離政策が撤廃されるまで長期に渡っての拘留にも屈っせず、南アフリカの解放を目指し、世界的な連帯を成し、大統領になったときに、過去の白人政権の間違いを糾弾するのではなく、人種を超えて融合して、虹の国を作ろう(レインボーネイション)と説いた、マンデラ元大統領と、アパルトヘイト撤廃運動に命をかけた、名もなき人々あってこそと、テーブルマウンテンのてっぺんで、あらためて、感謝の気持ちがわいてきました。

**********
みなさんの周りには、どんな花が咲いているでしょうか?
by 島岡由美子
☆後で行ったカーステンボッシュ植物園には、このリューカデンドロンの説明がありました。

これも、プロテアの仲間だそうです。
雌雄があり、花の形が違うと書かれていましたが、私が撮った写真を見返したら、雄の方ばかりでした。
******2022年2月追記*****
🌼バラカのHP熱帯の花・アフリカの花の目次は、こちらです。みなさま、ご一緒に、トロピカルフラワーを楽しみましょう!
🌻「アフリカに咲く熱帯の花、笑顔の花 ワイルドフラワー120」(オールカラー)
を、2022年2月にかもがわ出版から上梓しました。

この本は、全国書店、アマゾンなどオンライン、バラカのセレクトショップでも購入できます。図書館ご利用の方はリクエストしてくださいね。
🌺動画で、アフリカ花の旅に出ませんか?
https://youtu.be/qx4zy5uq4dw (1分半のショートバージョン)
https://youtu.be/6x8AY5rKz8E (たくさん花木がみられる5分のロングバージョン)
******
☆タンザニア便りも綴っています。
最近の記事は、こちら、目次ページは、こちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。