Article

記事詳細

ヘリコニア オウムバナ ロブスター The 熱帯の花!

今日の花は、ヘリコニア。

葉が色鮮やかに変化した大きな「苞」、形も舟型で、とても個性的です。
「花」は、舟型の苞の中、

********
葉っぱは、バナナの葉に似ているのがあるかと思えば、ジンジャーの葉っぱに似ているのもありました。
このタイプのヘリコニアの葉っぱは、バナナっぽかったです。

 ↑   ↑   ↑
バナナと同じく、巨大な「草」というカテゴリーのヘリコニア、大きなものは、5~6mと、結構な高さにまで成長するみたいです。
(この写真のヘリコニアの右奥に、歩いている男性が写っていますが、人間よりずっと大きいです)
近づいて、写真を撮ってみました。
 ↓    ↓   ↓

  ↑    ↑
ヘリコニアは、
「緑が生い茂ったジャングルで、鳥たちに見つけてもらいやすいように、葉が色鮮やかに変化した」
と言われているそうですが、これは、苞がまだ葉っぱで、緑色だったころの名残がみえるような色合いですね。
  ↓    ↓

ヘリコリアは、熱帯植物の図鑑などには必ず取り上げられているユニークな姿形の植物で、
これが自生しているのを見つけると、「おお、まさにここは熱帯だった!」という気持ちになります。
こちらのタイプは、葉っぱがジンジャーに似ていました。
 ↓   ↓

花言葉は、「風変わりな人」「脚光」「独特な個性」「注目」

*~*~*~*~*~*~*~*~
学名 ヘリコニア Heliconia
英名 hanging lobster claw(ぶらさがったロブスターのはさみ)
   false bird of paradise (偽極楽鳥)

見事な腹筋にご注目・・・ではなく、その下にある見事なヘリコリアにご注目を☆

和名 オウムバナ
学名:Heliconia
バショウ科・ヘリコニア属
「ヘリコニア」の由来は、ギリシャ神話で芸術の女神が住むといわれる「ヘリコン」山から。
*~*~*~*~*~*~*~*~
今年の1月に紹介した花「ストレリチア(極楽鳥)」に似ているなと思ったら、
英名に、false bird of paradise (偽極楽鳥)というのがあったので、納得です。
特に、まだつぼみ(苞が開いていない)の時期の形はそっくりですね。

*************
繰り返しますが、赤い部分は、花ではなく、「苞(ホウ」で、その中からチュンチュンと突き出している小さい緑の突起が花。
なんでも、あまりにも花が小さくて地味なので、虫や鳥に花だと気づかれない→蜜を吸われず、受粉できない→枯れてしまう ということで、葉っぱが色づき変形してこのように目立つ存在となって、花の代わりに虫や鳥を誘う役目をしているそうです。

*******
それにしても、なぜ花の方が、もっと大きく、美しくなろうとせずに、葉っぱががんばって色を変え、形を変えなくてはいけなかったのでしょうか?
私が考えたのは、2つの理由でした。
A
ヘリコニアの花(緑の小さくて地味な部分)は、とっても恥ずかしがり屋で、引っ込み思案だった。
そんな性格を愛する葉っぱたちが、花を守るべく、自発的に立ち上がり、がんばって変形していって目立つようになっていった。
B
ヘリコニアの花は、すごくものぐさで、人(葉っぱ)に頼るタイプだった。
虫や鳥がこなくて枯れてしまう寸前になっても、
「努力なんて面倒。枯れるのいやだったら、なんとかしてね~」
って言われて、しかたなく葉っぱたちががんばって姿かたちを変えて今のように目立つ苞になっていった。
そんなことを考えながら、ヘリコニアも見ていると、笑えてきます。
ザンジバルの人からは、花のそばで、一人でにやにやしている、変な日本人に見えているかも・・・いや、かもじゃないでしょう(笑)
*************
アフリカには、「笑顔」という名の花もたくさん咲いていて、その花たちは、いつも私を元気づけ、Happyにしてくれます。
今日の笑顔は、この1枚

タンザニアのネットボール選手たち。
かなり前のアフリカ大会の、タンザニアナショナルチームの選手たちです。

ネットボールは、バスケットボールに似ていますが、リングだけでボードやネットがなく、ルールも微妙にバスケとは違うようです。
なによりも、ネットボールのユニフォームは、ひらひらのスカートなのです。
かわいいのですが、バスケしか知らなかったので、初めてネットボールの試合を見たときは、ユニフォームからして衝撃でした。
世界には、いろいろなスポーツがあるものですね。
3月3日なので、ひなまつり2021の写真も載せておきま~す。

貝雛さまと、三カバ官女に、五にゃんこ囃子でにぎやかです。
まーくんママ作の粘土細工つくしも登場させてみたら、ザンジバルの人たちに、何これ?と聞かれて、
「つくし」ってかなり説明しにくいことを発見☆
花は、年中身近に咲いているブーゲンビレアです。
みなさんの周りには、どんな花が咲いているでしょうか?
                         島岡由美子
******2022年2月追記*****
🌼熱帯の花・アフリカの花の目次は、こちらです。
🌻「アフリカに咲く熱帯の花、笑顔の花 ワイルドフラワー120」(オールカラー)
を、2022年2月にかもがわ出版から上梓しました。

この本は、全国書店、アマゾンなどオンライン、バラカのセレクトショップでも購入できます。図書館ご利用の方はリクエストしてください。
🌺動画で、アフリカ花の旅に出ませんか?
https://youtu.be/qx4zy5uq4dw (1分半のショートバージョン)
https://youtu.be/6x8AY5rKz8E (たくさん花木がみられる5分のロングバージョン)
******
☆タンザニア便りも綴っています。
最近の記事は、こちら、目次ページは、こちらです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。