Article

記事詳細

3週連続、FM鎌倉で、アフリカの民話の読み語りが!PC,スマホからもOK!~感想いただきました~☆

6月には、9日(水)、16日(水)、23日(水)と、3週連続で、「アフリカの民話」が、FM鎌倉ラジオの番組「鴇羽のお話の森」の中で、読み語りされています!
パソコン、スマホからでも、ここからライブで聴くことができます。
   ↓   ↓
https://www.jcbasimul.com/radio/768/
 ↑     ↑
☆画面の下の方にある、▽マークを押すと音声が聴こえてきます。
聴けるのは、ライブのみですから、お時間お間違えなく。
来週が「アフリカの民話」は最終回、
「6月23日、水曜 夜の7時半から8時まで。 30分間の番組「鴇羽のお話の森」」です。

たくさん挿絵を描いてくれたヤフィドゥさんからも、
「トキハさん、タンザニアの民話をリスナーの人たちに伝えてくれて、アサンテ・サーナ(Thank you very much!)!来週もよろしくお願いします」
********

アフリカの民話を、このように読み語りして伝えてくださるって、とってもうれしいです。ところで、6/9(水)と、6/16(水)の放送を聴いてくださった方々から感想が届いているので、お伝えしますね。

まずは、私自身の感想から。
私は、1週目はティンガティンガ村(アート工房)に行っていて聞けなかったのですが、2週目の放送(6/16)は、ザンジバルの自宅のパソコンで、オンタイムで拝聴しました!

今週は、「しんぞうとひげ」「ザンジバル一の力持ち」の2話でした。 
「しんぞうとひげ」のほうは、リスナーのみなさんは、どんなふうに「心臓」と「ひげ」をイメージしてお聞きになっているのかな~って思いながら聴かせていただきました。
私自身、初めてこのお話を現地で聞いたときは、
「えっ、えっ、この人、今なんて言った??」
「心臓と髭・・・??・・・  なんじゃそりゃ~!」
みたいな感じでしたから(笑)

  次のお話の「ザンジバル一の力持ち」は、けっこう地味なお話だと思っていたけど、こうして読み聞かせしていただくと、「おお、なかなか含蓄合ってよい話じゃないの、これ」という感じで、新たな発見でした!
このお話にスポットをあてて紹介していただけたこと、すごくうれしいです。  

本の中で、たくさんの挿絵を描いてくれたチャリンダさんからも一言。
「タンザニアの民話は、面白いんじゃよ☆」

あと、お話の前に流れた、1曲目、トキハさんの歌声を聴いていたら、ダ・カーポっていうフォークグループの歌を思い出して、学生時代にワープしたような懐かしいきもちになりました。 

耳をすませば 広がる世界~♪
ものがたりは いつもあなたのそばに~♪
歌詞も歌声もとってもよかったです。

読み語りの後のラストソングは
ライオンキングから、♪Can you feel the Love tonight♪(byエルトン・ジョン)も、しみじみ聞きいりました。

トキハさんによる、落ち着いたきれいなお声での読み語り、お話の前後の曲も含めて、すてきな癒しの時間となりました。
また、私はもともと、お話を読むよりも誰かに読んでもらったり、語ってもらって聴くのが大好きなので、ラジオ(パソコン)から流れてくるお話を聴き、新鮮な気持ちでアフリカの民話を楽しむことができました。
すてきな読み語りでアフリカの民話を紹介してくださている鴇羽さんに、
「ありがとうございました。来週も楽しみにしています」
とお伝えしたいです。

*******
ここからは、私の元に届いた、皆様からの感想をご紹介します。

6/16 2週目「しんぞうとひげ」「ザンジバル一の力持ち」
(「アフリカの民話集(バラカ社)」より)の感想

FM鎌倉ラジオ聴きました。
自分で読むのと誰かに読んでもらうのって、ずいぶん印象が違うものですね。来週も楽しみ!(^^♪

お話聴きましたよ、
知っているお話でも、こうして聞くと、また新鮮ですね〜。
来週もアフリカのお話と言ってみえましたね。楽しみです!

ラジオ聴けました!
アフリカで語り継がれてきたお話を、由美子さんが本にして、それが日本のラジオで流れ、異国の地でLIVEで聴き入りました。
最後のライオンキングの歌との組み合わせもすごくよかったです
うるうるきました

本のお話を、こうして聞くのもいいですねえ 
絵本なくても情景が浮かんでくるのは凄いね!ほんとに可愛い絵本です!!

トキハさんのラジオ聞けました!
役によって声音や口調が変わり、ひとつひとつ丁寧に表現しお話してくれてるなと感じました。安らぐラジオ番組で30分間癒されました。

しんぞうとひげが、人気のお話、と紹介されているのが新鮮でした
二話めのセレクトは、ザンジバル一の力持ち、でしたか!
短編ながら、にんげんの弱さや戒めがうまくまとめられたストーリー、文字で読むのとはまた違う、やさしく諭されているような感覚になりました

読む人の声色によって、同じお話でも違う情景が頭に浮かんでくるのですね。
一曲目のトキハさんの歌声から、子供の時に教育テレビで見ていた、「みんなの歌」という番組を思いだし、懐かしい気持ちにもなりました。

楽しかった~!
先週もあったんですね 、楽しく聴かせていただきました〜 来週もまたあるってうれしいです。

めちゃめちゃよかったです。ラジオ朗読いいですね。
しんぞうとひげは、絵本でも読ませてもらったので、あのインパクトのある絵が思い出されました♪そして、鎌倉のラジオが名古屋で聴けるなんてビックリです!!

最初「しんぞう」が解らなくてちんぷんかんぷんでしたが、心臓とわかり納得出来ました。 日本の昔話の様ですね

さすが神奈川、落ち着いた番組ですね。
ゆったりと聞かせていただきました。

聴きました!久々にバオバブの木の世界に入れた気がして、気持ちが安らぎました
また、何か情報あれば、教えてもらえると嬉しいです!

帰りの電車でしたが、Wi-Fi通った駅にて終わり際のトキハさんの美声アナウンスを聞けました!
ゆったりと優しい声でしんぞうとひげを読み聞かせて下さったことと思います。
来週の読み語りは、「しあわせのなる木」ということで、楽しみです!

***********

1週目の放送を聴いた人たちからも、感想いただきました。
6/9(水)「バオバブの木の涙」
(「アフリカの民話集しあわせのなる木(未来社)」より)

鎌倉FM、自宅PCで聴くことができました
「アフリカの民話集しあわせのなる木」から、「バオバブの木のなみだ」の読み聞かせでした
軽やかでやさしい声の朗読は、とても雰囲気がよくて、アフリカにこんなやさしいお話しがあるんだ、と、気づいていただける時間になったのではと思います
雨がふってほんとうによかった、と、子どものようにうれしい気持ちになりました
カメレオンの気取ったクインクインの表現、さすがお上手でした!

トキハさんの声が綺麗で素敵な読み語りでした。

バラカの社名も出て、由美子さんに対する敬意と物語を大切にし、丁寧に扱っている事が伝わりました。

トキハさんのナレーションがきれいで、海の波音が聞こえるような鎌倉感が出ている放送でした!

*********
みなさま、3週連続の「アフリカの民話の読み語り」も、来週がラストです。
最後の週は、「しあわせのなる木」が登場するそうですよ。
ぜひ夜7時半から8時の FM鎌倉「鴇羽のお話の森」お聴きになってくださいね。

パソコン、スマホの方は、ここからライブで聴くことができます。
   ↓   ↓
https://www.jcbasimul.com/radio/768/
 ↑     ↑
☆画面の下の方にある、▽マークを押すと音声が聴こえてきます。
聴けるのは、ライブのみですから、お時間お間違えなく。
最終回は、
「6月23日、水曜 夜の7時半から8時まで。 30分間の番組「鴇羽のお話の森」」です。

アフリカの民話を、耳で聞いて、楽しんでいただけたら嬉しいです。

島岡由美子

**************

☆ブログアニバーサリーご挨拶&プレゼント
6月11日でバラカのアフリカフェブログは満15年を迎えました。
普段は、ザンジバル@タンザニアにいますので、Web上から、日本の皆さんに向けて発信していますが、こうして長く続けていられるのも、皆様からのアクセスやコメント、メールなどの反応が、書く意欲を与えてくださるからこそと、心から感謝しています。

今年も特別プレゼントをご用意しました。
「アフリカの天然木製 木皿」・・・3名様

**********
プレゼントの応募方法は、

ブログ記事へのコメント 6月のブログ記事なら、どれでも☆
ブログ感謝祭 お知らせ記事へのコメントでもOK。

「メッセージBOX(ブログ画面右下)」
または、バラカのお問い合わせフォームから、ハンドルネームとメールアドレス、そして「ブログ15周年」と記入の上、ご応募ください。

☆エントリーは、6月27日までです☆お気軽にご参加ください☆