Article

記事詳細

鎌倉FM ヴォイシスト鴇羽さんより、「アフリカの民話」読み聞かせのお薦め

鎌倉FM「鴇羽のお話の森」で、2021年6月に、3週にわたって、ヴォイシスト鴇羽(トキハ)さんによる、アフリカの民話の読み語りを聴いてくださったみなさま、そして、感想をお寄せくださった方々、ありがとうございました。

みなさまからの感想を、タンザニア便りでまとめたところ、読み語りをしてくださった鴇羽(トキハ)さんご自身も、メッセージを寄せてくださいましたので、お伝えします。

*****ここからは、鴇羽さんからのメッセージ☆お写真は、鴇羽さんのブログからお借りしました*****

「ラジオをお聴きいただき、そしてメッセージをくださった皆様、ありがとうございました!

今回、島岡由美子さんの本を読ませていただき、とてもうれしく楽しかったです♡
さらに皆様からの感想やあたたかいメッセージまで!
本当にありがとうございました。

声による表現は、とても不思議で魅力があります。
機会がありましたら、ぜひ、お子様や周りの方に島岡さんのご本を声に出して読んであげてみてください♪
自分も楽しくなります。

『アフリカの民話集(バラカ社)』
『アフリカの民話集しあわせのなる木(未来社)』
この2冊の本は、物語の持つ力、そして由美子さんの文章のすばらしさが、読み語っていて感じられます。
日本の民話や昔話などの同じ物語でも、その文章表現で合う合わないがあります。
由美子さんの文章は躍動感があって、読み語っていても、とても楽しいです!
3週目に読み語りをした『しあわせのなる木』のあの歌
♪みんな友だち、みんななかよし、ラッタラッタラッタ~ラン♪も、読んだ先から音楽が流れてきました。

PS.7月17日には、木組み博物館@新宿にて、ライブで読み語りを行います。
お近くでお時間合いましたら、ぜひお立ち寄りください。            
                             鴇羽tokihaより」

*************

鴇羽さん、すてきなメッセージ、そして、拙著への推薦の言葉もありがとうございました。
とってもうれしかったです。

これからも素敵な御声での心地よい読み聞かせをはじめ、番組を通してたくさんの思いをつたえてくださいね。

☆2021年7月17日、木組み博物館@新宿でのアフリカの民話読み語りライブも、楽しそう!
ワークショップの、カリンバ作りも魅力的ですね。
木組み博物館のHPに載っていたチラシも、貼っておきます。

(クリックすると、大きく、はっきり見えます)

*********
ということで、6月は、3週間にわたって、『アフリカの民話集しあわせのなる木(未来社)』から
「バオバブの木の涙」と、「しあわせのなる木」

『アフリカの民話(バラカ社)』から、「しんぞうとひげ」と、「ザンジバル一の力持ち」
4篇もラジオで流れました。

「アフリカの民話」の読み語りは終わりましたが、FM鎌倉「鴇羽のお話の森」は続きます。トキハさんによる、様々な物語の読み語りの番組です。
毎週水曜日 夜の7時半から8時です。ぜひこれからも、お聴きになってくださいね。

パソコン、スマホの方は、ここからライブで聴くことができます。
   ↓   ↓
https://www.jcbasimul.com/radio/768/
 ↑     ↑
☆画面の下の方にある、▽マークを押すと音声が聴こえてきます。

トキハさんの番組や、木組み博物館@新宿での読み聞かせ会で、いろいろなお話を、耳で聞いて、楽しみましょう!
本で読むのとはまた違った楽しさがありますよ。

                島岡由美子

☆「アフリカの民話」ラジオでの読み語りへの感想は、⇒タンザニア便り『3週連続、FM鎌倉で、アフリカの民話の読み語りが流れ、たくさん感想いただきました』でご覧ください。

☆アフリカの民話を採集して、本にしている目的や背景、挿絵を描いてくれているティンガティンガ・アーティストたちの声や思いなどは、こちらの動画で 【アフリカの民話動画URL】
https://youtu.be/TvtaunfRmgc

☆アフリカの民話集、しあわせのなる木、しんぞうとひげ など、本は、バラカのセレクトショップ アフリカの本のコーナーもちろん、アマゾンはじめ、ネットでも、全国書店や、バラカのイベント会場でも購入できます☆
図書館にも入っていますよ。最寄りの図書館にない場合は、ぜひリクエストしてください☆

本の中で、たくさんの挿絵を描いてくれたチャリンダさんからの推薦の言葉。
「タンザニアの民話は、すこぶる面白んじゃ☆ティンガティンガの挿絵もいっぱい入っておるよ」