Article

記事詳細

タンザニア野球大会に向けて~ザンジバル野球・ソフトボール大会

ザンジバル野球&ソフトボール大会(2021年10月)の様子です。この大会は、12月のタンザニア大会(通称 コーシエン大会)出場の選考会を兼ねていましたので、みんな、タンザニア大会に行くチームに入りたくてがんばっていました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ザンジバルは島(ウングジャ本島とペンバ島の2つで成り立っています)なので、タンザニア本土に行くっていことだけでも、大遠征なんですよ。大人でも、タンザニア本土に行ったことにない人がいるほどですから。
なので、タンザニア大会のチームメンバーに選ばれて、海を渡るのは、彼ら、彼女らの大きなあこがれ、励みであり、楽しみなのです。

クリックすると元のサイズで表示します
野球は、4チーム参加し、ベテラン勢が中心のライオンボーイズ
クリックすると元のサイズで表示します
バックネットは、漁に使う網を水道管にくくりつけたもの。白線は、ザンジバルの美しいビーチから運んできた白砂。手つくり感満載の試合場です。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ソフトボールも4チームで、若手の元気印がそろったユースガールズが優勝!

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

ザンジバル野球は、初代コーチが協力隊の上原さん、2代目コーチの島田さんが任期を終えた時点で日本人コーチは不在となり、そこからは、自分たちで初期の選手たちが次世代を教えて現在に至ります。

クリックすると元のサイズで表示します

カリームが中心になって、初期の選手たちが審判やコーチを兼任しながら、チームをけん引しています。

ザンジバルチームのいいところは、とにかく、野球もソフトも楽しそうにのびのびやっていること。まあ、それはいいのですが、応援する側としては、もう少し捕球ミスをなくせば試合時間が短くなるんだけどという気持ちもおきてしまう場面も多々ありました。

日本のように、野球やソフトボールを見たことのない人はいないぐらい浸透している国とは違いますから、仕方ない点も多いのですが、もうザンジバルで野球が始まって数年になりますから、そろそろ次のステップにいきたいところです。

ということで、今大会の決勝戦は、野球・ソフトボールとも、7回までおこないました。

クリックすると元のサイズで表示します

(というのも、今までは5回までしかやったことがなかったので)
捕球ミス、暴投が連鎖すると、とんでもなく試合に時間がかかってしまうので、最初は3回から始まって、5回になり、今大会は決勝だけ7回まで、とポレポレ(ゆっくり)ながらも前進しています)
普通に9回までできるようになる日はいつかな?

今大会で活躍した選手たちが選ばれてザンジバルチームを編成してタンザニア大会に出場します。
ザンジバルは、第3回タンザニア大会から出場していて、昨年は、野球もソフトも準優勝でしたので、今年も活躍してほしいです。

クリックすると元のサイズで表示します
これからも、がんばれ、野球ボーイス!

がんばれ、ソフトボール ガールズ!

島岡由美子

★ザンジバル野球・ソフトボール大会の動画は、こちら

★タンザニア便り目次ページは、→こちら
★アフリカの花便り目次ページは、→こちらです。

花の本、出版のお知らせ
★私にとって初めての写真本(オールカラー)
「アフリカに咲く熱帯の花・笑顔の花~ワイルド・フラワー120」
2022年2月に出版予定です。