Article

記事詳細

到津の森動物公園@小倉(4/29)イベントレポート

みなさま、おはようございます。
今、来日アーティストのムブカ氏とバラカジャパン河野、住谷の3名は、福岡県北九州市は小倉に来ております。
西日本インポートフェアに向けての旅が始まりました。

昨日は、北九州市内にある到津の森(いとうづのもり)公園でティンガティンガイベントを行いました。
動物たちがいる、緑豊かな動物公園です。
前身の到津遊園は、68年もの間市民に親しまれながらも閉館となってしまい、しかし、閉園を惜しんだ市民が立ち上がり、北九州市を動かし、2年後の2002年に今の到津の森公園として開園したとのことです。
さて、動物公園の中を散策します。

↑年間パスを持って毎日のようにご来園なさる方も多いというお話も納得できます。森の香りに包まれ、マイナスイオンの中を散歩するのはとっても気持ちがいいですね。
ムブカ氏も「本当の森みたいだ。チーターは、こんな森の中に住んでいるだよ。時にはあんな木に登ったりしてね。」と話していました。

↑公園の中を歩いていると、こんなオシャレな看板によく遭遇しました。これらは、全部、飼育員さんと市民ボランティアの方々が手作りなさっているのですって。私はてっきりデザイナーの方が専属でいらっしゃるものとばかり思っていました。

↑動物との距離がとても近いことも、この動物公園の特徴とのこと。この象との距離も、ぎりぎりなんだそうです。小さなサルなども、距離が近いことで、じっくり観察できますし、迫力を感じました。
さあ、13時から屋内の施設で、ティンガティンガイベントが開始です。
このイベントを楽しみにやってきた、という方々も開始前から大勢集まってくださり、私たちも遠路大阪からやってきた甲斐があります。
園長代理の松岡氏が、司会進行を務めてくださいました。

今日のイベントメニューは、ティンガティンガの寄贈式、アフリカ民話の読み聞かせ、ムブカ氏のライヴペイント、です。
到津の森公園に寄贈する絵を皆さんにご披露しました。

わあ!という歓声が上がりました。
これはムブカ氏が描いた「大地に集う動物たち~夕焼けのキリマンジャロと動物たち~」というタイトル。キリマンジャロもをバオバブが1枚の絵に描かれている、珍しい作品です。
「ティンガティンガは、世界中の人々を幸せにするアートです」というムブカ氏の言葉に、みなさん、うんうんとうなずいていらっしゃいました。
寄贈作品をバックに、次はバラカジャパン河野によるアフリカ民話の読み聞かせです。

↑「パウカー?」の呼びかけに、「パカワー!」と元気に反してくださり、お話がスタートしました。今日のお話は、「動物たちの自動車レース」と「心臓とひげ」です。

↑動物たちがまるで人間のように動き車を運転する姿に、子供も大人も釘づけ。また人間の男が心臓をごくりと飲み込んでしまうシーンでは、「え、え~!?」(そんなのあり!?)という声が上がりました。
2話共、みなさんとても集中して、耳を澄ましながら聞いてくださった姿が印象に残っています。
アフリカの不思議な世界に包まれたところで、次のメニュー、ムブカ氏のライヴペインティングに移ります。

↑ムブカ氏の筆さばきに子供たち、目が離せません。
ライヴペインティンングを進める中で、子供たちからたくさんの質問が上がりました。
一つ一つの質問に丁寧にスワヒリで答え、それを河野が日本語に訳します。
「どうやったらそんなに上手に絵が描けるんですか?」
「自由に頭に浮かんだものを描けばいいんだ。そして、うまく描くというのは、うまく色を作り上げることです。」「きりんの色がピンクでも、青でもいいんだよ。色は自由に自分で決めて描けばいい。」
ムブカ氏は、タンザニアでは小学校で子供たちにティンガティンガを教えたり、また弟子や後輩を指導したり、次世代の育成にもとても力を入れているそうです。
ライブペイントの最中、部屋の片隅にこんな素敵なものを見つけました。


飼育員の方が絵を描き、ボランティアの方々が、この絵本を持って、地元の小学校に行って、読み聞かせをなさっているそうです。
飛び出す絵本にもなっていて、絵のうまさ以上に、動物とこの到津の森公園と、地元小倉に対する深い愛情を感じ入り、とても温かい気持ちになりました。そして、この絵本を見て、到津の森公園がもっと好きになりました。
約1時間のイベントは無事に終了。
園長代理の松岡氏と一緒に記念撮影。松岡氏のアイデアやセンスは、園内至るところに表れていて、同時に開催されている「どうぶつ ぶつぶつ はなしてる」という絵画展も、装飾材料はすべて段ボールが使われていたり、(そばに寄らないとわかりません)工夫を聞けば聞くほど楽しくなってくる、そんな空間が展開されていました。
来年もこの到津の森公園に来たいなと心から思えるイベントとなりました。
園長代理松岡氏はじめ、気持ちのいい職員、ボランティアの皆さんのおかげです。
1日、大変お世話になり、ありがとうございました。
また小倉の地でお会いしましょう!!
♪イベントの様子が新聞で紹介されました♪
毎日新聞 4月30日朝刊

読売新聞 4月30日朝刊

追伸:ティンガティンガについて、「この絵はどこで買えるんですか?」という質問をたくさん頂きましたので、下記に、5月2日から始まる「西日本インポートフェア」の内容をご紹介しておきますね。

『西日本インポートフェア&食メッセ2014』
~世界の雑貨と食が大集結!~

▼日時:2014年5月2日(金)~6日(火・祝)
     10:00~18:00(最終日は17:00まで)
▼場所:西日本総合展示場 新館

     北九州市小倉北区浅野3-8-1
     (JR小倉駅新幹線口より徒歩5分)
▼入場料:500円 (前売券300円、高校生以下無料)
  前売券はローソンまたはミニストップにて購入可。Lコード:85153
▼主催:公益財団法人西日本産業貿易コンベンション協会
▼公式HP:http://www.convention-a.jp/import/

「到津の森動物公園@小倉(4/29)イベントレポート」への2件のフィードバック

  1. バラカジャパンさん、ジャンボ!!
    横浜でお会いできなかった方々はこちらに来られていたんですね~
    この動物園は緑がものすごく多くて癒されそうですね!!
    ムブカさんも野生に近い感じの動物園で興奮されたんでしょうね~

  2. WILD FLOWERさん、ジャンボ!
    お返事が遅くなってしまい、大変失礼いたしました。はい、バラカジャパン住谷&河野は小倉に飛んでおりました!
    到津の森公園は、本当に緑が多かったです。獣舎の中にも緑がいっぱいで、お手入れにとっても手間がかかるそうですが、その分私たちはとっても癒される動物園でした。一緒に園内を周りながら、ムブカが動物について詳しい解説をいっぱいしてくれて、とても勉強になりました!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。