Article

記事詳細

ザンジバル原産のハイビスカス~フウリンブッソウゲ

花[[pict:item2]]より団子派[[pict:item8]]の私が、このところ、柄にもなく花話題を書き始めていますが、今日も、タンザニアの花をご紹介します。
【風と遊ぶ、フウリンブッソウゲ】
ハイビスカスの原種でザンジバル原産の、フウリンブッソウゲ(和名)が風に揺れていました。

花名に、「フウリン」という言葉がついていますが、私は、風鈴よりも、線香花火を連想していました。
・・・・・・・・

花の名前を知ってからは、風で、長く下がっためしべと、華やかな黄色いおしべの部分が揺れている様をみると、なるほど、風鈴みないだなとも思えてくるようになりました。 
花名を知らないうちは、自由気ままな想像がわいてきますが、名前や由来を調べてしまうと、意外と固定観念にとらわれがちな自分を発見しています。

・・・・・・・・

それにしても、繊細な美という花言葉がぴったりの容姿。
うすい花びらに入った複雑な切れ込みは、まるで、切り紙細工の作品のようです。
自然はすばらしいアーティストですね。
五弁の花びらに、こまかく、深い切り込みがあって、後ろに反っているのが特徴ですが、この切り込みは、まさに芸術だなと感心します。
**********
和名 フウリンブッソウゲ(風鈴仏桑華)
アオイ科
学名 : Hibiscus schizopetalus
英名 : Coral hibiscus , Flinged hibiscus
*********

*******************
こちらは、二人で仲良く、風と遊んでいたフウリンブッソウゲ。

一日花のハイビスカスの中では、花の命が長いと聞いていましたが、翌朝には、2つともしおれていました。
花との出会いも、一期一会、美しい姿を見せてくれたことに感謝です。
そして、この素敵なハイビスカスが、『ザンジバル原産』というのもなんだかうれしいです!
[[pict:symbol3]]花言葉

フウリンブッソウゲの花言葉は、「繊細な美しさ」 の他に、「真の友情」、この仲良く咲いて、仲良くしおれていった2輪の花には、「真の友情」という言葉があっていたと思います。
・・・・・・・・

熱帯の花にはまったく興味がなかったのですが、けっこうすてきです。
次は、どんな花にめぐりあえるかな?とわくわくしながら歩いています。
・・・・・・・・

『Smiles in Africa always make me happy!』
アフリカには、きれいな花と一緒に、ぴっかぴかの「笑顔の花」もたくさん咲いています。
今日の笑顔の花は、この1枚。

収穫したクローブの実を(スパイス)を干し終わって、休憩中の父娘をパチリ。
「お父さん、大好き!」の気持ちが伝わってきますね!
みなさんの周りには、どんな花が咲いているでしょうか?
                   byバラカタンザニア しまおか ゆみこ
**********
[[pict:camera]]写真をクリックすると、大きな画像が見られます。
🌼バラカのHP熱帯の花・アフリカの花の目次は、こちらです。みなさま、ご一緒に、トロピカルフラワーを楽しみましょう!
******
☆タンザニア便りも綴っています。
最近の記事は、こちら、目次ページは、こちらです。
🌻「アフリカに咲く熱帯の花、笑顔の花 ワイルドフラワー120」(オ
ールカラー)
を、2022年2月にかもがわ出版から上梓しました。

この本は、書店、アマゾンなどオンライン、バラカのセレクトショップでも購入できます。
電子本は、こちらから購入できます。
図書館ご利用の方は、ぜひリクエストしてください。
🌺動画で、アフリカ花の旅に出ませんか?
https://youtu.be/qx4zy5uq4dw (1分半のショートバージョン)
https://youtu.be/6x8AY5rKz8E (たくさん花木がみられる5分のロングバージョン)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。