Article

記事詳細

ゆらゆら、へらへら、のらりくらりと揺れる~スパイダーリリー

熱帯の花、タンザニアの花
『ゆらゆら、へらへら、のらりくらりと揺れる~スパイダーリリー』
Flower in Tanzania Hymenocallis~Spider Lily
ヒメノカリス(ヒガンバナ科)

***********

遠くから、中心の丸い部分をみると、白い朝顔のようですが、近づくと、クモの足のような、6枚の細長い花弁が風にゆらゆらゆれているので、朝顔とは似ても似つかない花だとわかります。私は、初めてこの花をみたときは、軽い衝撃を受けました。

ぬらりひょん、というか、いったんもめん というか、とにもかくにも、妖怪系の花に感じてしまったので。
**************

蜘蛛の足は、6本ではないですが、スパイダーリリーというのは、いかにもの英名ですね。
和名は、ササガニユリ。  
カニの足に喩えたのかなと思ったのですが、「ササガニ」というのは、細蟹/笹蟹で、 蜘蛛(くも)とか、蜘蛛の糸の古名だそうです。
****************
私には、妖怪系に見えるこの花も、スパイダーマンが好きな方は、スパイダーリリーと聞くと、かっこいい花と感じるでしょうか?

数輪のスパイダーリリーが、風にゆられて、ゆらゆら、へらへら、のらりくらりと揺れる様は、何度も見ても、実に気になります。
****************
花言葉は、
あなたを見つめています魅惑のささやき 
  ↓  ↓
花の動きが気になって、私こそ、見つめてしまいそうです。
***************
アフリカには、「笑顔という花」もたくさん咲いていて、この花は、いつも私を励まし、Happyにしてくれます。
今日の笑顔の花は、この1枚。

**************

バラカのティンガティンガ展に毎年来てくださる恵介さんが、タンザニアのティンガティンガ村まで、アーティストたちに会いに来て下さいました。
恵介さんと、日本で会ったことのある、ベイカー(左)、ムワメディ、アブダラ(右)が、勢ぞろいして、迎えていました。
お互いに、再会うれしいね!の笑顔です。
またいつか、日本か、タンザニアのどちらかで会おう!と固い約束を交わしていました。
恵介さん、キテンゲシャツがお似合いですね。
ムワメディのカンガで作ったシャツも、キュートでした!
皆さんの周りには、どんな花が咲いているでしょうか?
                    byしまおかゆみこ
**********
[[pict:camera]]写真をクリックすると、大きな画像が見られます。
🌼バラカのHP熱帯の花・アフリカの花の目次は、こちらです。みなさま、ご一緒に、トロピカルフラワーを楽しみましょう!
******
☆タンザニア便りも綴っています。
最近の記事は、こちら、目次ページは、こちらです。
🌻「アフリカに咲く熱帯の花、笑顔の花 ワイルドフラワー120」(オ
ールカラー)
を、2022年2月にかもがわ出版から上梓しました。

この本は、書店、アマゾンなどオンライン、バラカのセレクトショップでも購入できます。
電子本は、こちらから購入できます。
図書館ご利用の方は、ぜひリクエストしてください。
🌺動画で、アフリカ花の旅に出ませんか?
https://youtu.be/qx4zy5uq4dw (1分半のショートバージョン)
https://youtu.be/6x8AY5rKz8E (たくさん花木がみられる5分のロングバージョン)

「ゆらゆら、へらへら、のらりくらりと揺れる~スパイダーリリー」への2件のフィードバック

  1. スパイダーリリーなんとも言えない不思議な花ですね。
    先日はお世話になりました!!
    ベイカー、ムワメディ、アブダラと再会できて嬉しかったです!
    アブダラがティンガティンガ村案内してくれたのも嬉しかったです。
    ほんとまた日本かタンザニアで再会したいです!

  2. baraka_tanzania

    恵介さん★ジャンボ!
    スパイダーリリー、1輪でもなんともいえず不思議ムードですが、数輪集まって咲いていると、もっとそのムードが増します!
    いろいろな花があるものですね。
    恵介さんとタンザニアで再会できたアーティストたちも、本当に嬉しそうでしたね!
    恵介さんと次の再会ができるよう、みんなはりきっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。