Article

記事詳細

ベニノキ リップスティックツリーは、実用的★食紅にも、口紅にも

Let’s enjoy Tropical Flower in Africa!~Lipstick tree

英名で、リップスティックツリーと呼ばれる花は、花径5~6cmほどある、大ぶりの花でした。

和名でもベニノキというからには、花が赤いのかなと思っていたら、意外にも、白や、うっすらピンクの花でした。

おしべの先っちょのヤク部分がうす紫色なのも、実に印象的です。

花の後には、赤い実が膨らんできて、柔らかい毛で覆われていきます。

花が終わってからも、実がなかなか落ちないので、長く楽しめます。
実は、古くなるにしたがって、乾燥して茶色から黒っぽくなり、自然に割れて、鮮やかな朱色の果肉に包まれた種がこぼれおちます。

この果肉部分がAnnattoという色粉となり、古くから化粧や染料として使われてきたそうです。

ベニノキは一夜花で、1つ1つの花の命は短いのですが、次々にたくさん咲いていくので、この花が咲きだすと、この木のある道を通るのが楽しみになります。

リップスティック・ツリー Lipstic tree
(ベニノキ科)
学名 Bixa orellana
Annatto Tree

ベニノキは、果肉が食紅、色紅として使われるだけではなく、種や葉っぱも薬用として使われるそうです。
美しい花と実で、鑑賞用としても楽しめ、いろいろな使い道もあるなんて、ベニノキは、天からたくさんの才能を授かったのですね。
**********

アフリカには、笑顔という花も、たくさん咲いています。
今日の笑顔は、この1枚。
職業訓練校の裁縫女子たちの、
「縫い物って楽しい」の笑顔です。

皆さんの周りには、どんな花が咲いているでしょうか?
  バラカタンザニア    しまおか ゆみこ
******2022年2月追記*****
🌼バラカのHP熱帯の花・アフリカの花の目次は、こちらです。みなさま、ご一緒に、トロピカルフラワーを楽しみましょう!
🌻「アフリカに咲く熱帯の花、笑顔の花 ワイルドフラワー120」(オ
ールカラー)
を、2022年2月にかもがわ出版から上梓しました。

この本は、全国書店、アマゾンなどオンライン、バラカのセレクトショップでも購入できます。図書館ご利用の方はリクエストしてくださいね。
🌺動画で、アフリカ花の旅に出ませんか?
https://youtu.be/qx4zy5uq4dw (1分半のショートバージョン)
https://youtu.be/6x8AY5rKz8E (たくさん花木がみられる5分のロングバージョン)
******
☆タンザニア便りも綴っています。
最近の記事は、こちら、目次ページは、こちらです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。