Article

記事詳細

熱帯アフリカ原産の大きな花 線香花火 フットボールリリー

【森の中で、新しい花、見~つけた!線香花火VSフットボール】
このごろよく通る森の中で、まん丸く、球体をした不思議な赤い花を発見。

図鑑で調べてみたら、これは、
学名 Haemanthus multiflorus ハエマンチス ムルチフローラで、
和名は 「センコウハナビ(線香花火)」
英名は、FOOTBALL LILY 、 AFRICAN BLOOD LILYなど

東アフリカ原産の花でしたが、私は、生まれて初めて見ました。

直径15cmから、大きいのだと直径30cmもある球形で、鮮やかな赤い花をたくさん咲かせていました。
とにかくビッグサイズの丸い花で、人間の頭より大きいのも!!
********
この花には、控えめさや、はかなげ感はまるでなく、遠目からも色鮮やかで、思いっきり丸い体(頭?)を揺らして、
「お~い、ここだよ、ここだよ、いっしょに遊ぼうよ!」
とでもいっているような、陽気で華やかな花でした。
☆そういう意味では、和名の「線香花火/センコウハナビ」より、英名の「Football lily / フットボールリリー」 のほうがあっているような気がします。

なにはともあれ、久々に、新しい花に出会えて、嬉しくなりました。
*********
花言葉は、冨裕、気品、清らかな心
*********
ヒガンバナ科の多年草だけあって、少し彼岸花にも似ていましたが、とにもかくにも、でかくてまん丸の形になるのが特徴のようです。

まだ固い蕾

つぼみが1つ1つ開いて咲き始めている花も美しかったです。

たくさんあるつぼみの、外側から開いていました。
**********

気がついたら、あっちにもこっちにも咲いていて、友人のファトゥマさんと、珍しい花に、二人でもりあがりました!

  ↑   ↑   ↑
この写真なら、花の大きさ、イメージしていただけるでしょうか??
  ↓   ↓   ↓

***********
日本は春ですね。
美しい春2019を想像しながら、熱帯アフリカの花をご紹介しました。
皆さんの周りでは、どんな花が咲いているでしょうか?
                     バラカタンザニア 島岡由美子
******2022年2月追記*****
🌼バラカのHP熱帯の花・アフリカの花の目次は、こちらです。みなさま、ご一緒に、トロピカルフラワーを楽しみましょう!
🌻「アフリカに咲く熱帯の花、笑顔の花 ワイルドフラワー120」(オールカラー)
を、2022年2月にかもがわ出版から上梓しました。

この本は、全国書店、アマゾンなどオンライン、バラカのセレクトショップでも購入できます。図書館ご利用の方はリクエストしてくださいね。
🌺動画で、アフリカ花の旅に出ませんか?
https://youtu.be/qx4zy5uq4dw (1分半のショートバージョン)
https://youtu.be/6x8AY5rKz8E (たくさん花木がみられる5分のロングバージョン)
******
☆タンザニア便りも綴っています。
最近の記事は、こちら、目次ページは、こちらです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。