Article

記事詳細

懐かしいお顔を拝見 マトマイニ・チルドレンズホーム@ケニアと、Shopポレポレ@茅ヶ崎

バラカジャパンからの報告で、なつかしいお二人が、バラカにいらしてくださったことを知って、いとうれしき朝。

ナイロビ@ケニアで30年以上にわたって #マトマイニ・チルドレンズ・ホーム を運営しておられる菊本照子さん(写真左)と、ショップポレポレ主宰の坂部尚子さん(写真右)。

バラカ恒例の写真撮影、アフリカ生まれのバラカキリン(180㎝)と一緒にパチリの写真で、お二人のお顔を拝見し、なつかしい気持ちが溢れました。

**********

後日、坂部さんからも、

「4年ぶりにお会いしたマトマイニの菊本さんをお誘いして大阪のバラカギャラリーに伺いました。

入った途端に、同行した娘と3人で歓声をあげて、疲れも吹っ飛び素晴らしい「気」をいただきました。

山ほどのティンガティンガ、素晴らしいお店、スタッフさん、すっかりリラックスして、話に花が咲き、菊本さんは、ケニアの政情や、ナイロビでのマトマイニの昔の話までしてくださり、いい時間を過ごすことができました。」

と丁寧なメッセージをいただきました。

また、坂部さんを通して、菊本さんは、今でも、生涯現役でマトマイニ支援をとおっしゃっておられるのを知り、人生の先輩の菊本さんの姿勢に、私も気持ちが引き締まる思いでした。

お二人をお迎えしたバラカジャパンも、ケニアについて、アフリカについて、きっとディープで真摯なお話が聞けたことでしょう。

***********

菊本さんが運営するマトマイニは、養護施設で育った人たちや、シングルマザーを応援するために、フェルトのアニマル人形を作っています。

フェルトを作るために、なんと羊の毛をきれいに選別してフェルト地を作るところからおこなっているのだそうです。

ポレポレさんでは、ケニアのマトマイニで制作されるフェルトアニマル人形や、スラムの学校創始者リリアンワガラさんのマゴソグッズそのほか、ウガンダの女性支援を目的とした革グッズなど、直接アフリカの人々に還元されるモノを取り扱っておられます。

次回のポレポレバザーは、

2022年11月17-20日(木-日)  @atlier_polepole 茅ヶ崎市共恵2丁目

*********

坂部さん、菊本さん、お写真ですけど、お会いできた気持ちになれてうれしかったです。

遠方より、バラカ@大阪へのご訪問、ありがとうございました。

いつの日にか私もお二人に再会できたらうれしいです。

どうぞお元気で

                       バラカタンザニア 島岡由美子

★お二人のお写真の公開OKいただいています。ショップポレポレお写真は、坂部さんのFBから拝借しました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。