Article

記事詳細

アンケート結果~第2回ティンガティンガ展@余白

皆さん、ジャンボ!(こんにちは)
第2回ティンガティンガ展@名古屋のアンケート結果です。
お気に入りの作品3点ずつ選んでいただいて、人気作品ベスト3を選びました。
関心のある方は、「続きを読む」をクリックしてくださいね。

「第2回ティンガティンガ展at余白@名古屋」アンケート結果~
アンケート回答数・・・342枚
展示会名:「アフリカン現代アート第2回ティンガティンガ展」
会場:ギャラリーサロン余白
期間:2009年5月8日(金)~5月11日(日) 
名古屋市中区栄4-17-30 (地下鉄栄駅・矢場町駅より徒歩7分)  
TEL&FAX:052-262-5454
人気作品ベスト3
1位「キリマンジャロと動物達」byムスターファー
夢のキリマンジャロをバックに動物達の集うさまが楽しくなります。
いっぱい動物や風景が描いてあり、キラキラしている。
全体の構図、目がとても可愛いく色使いが落ち着く。
絵に迫力があり、色々な動物が描かれていてアフリカのイメージ通りの絵。
御案内はがきにもなっていた絵だったので、「ご案内の葉書きに掲載のこの絵を孫が気に行ったから見に来ました」とおっしゃる方もおられました。
2位「シマウマの親子」byムスターファー
色使いが良く、心引かれた。豊かさを感じる。雰囲気と表情が良い。
力強い母のもとで子供がとても安らかに、楽しそうにしているところが大好きです。
3位「マサイの戦士」byサランゲ「太陽に包まれ建国と幸福を求め、もくもくと歩き続ける民族の力強さを感じる」
「 一番美しい色合いで、マサイの戦士の踊りを見ているよう」
「広い大地でゆったりとした時間を感じました」
「マサイの皆さんは、おしゃれですね」
「かっこいいの一言!赤系の色の中の白い線が印象的」
~第2回ティンガティンガ展へのご意見・ご感想~
「素朴な暖か味のある表現、動物や人物の表情や仕草に、日常生活の活気や力強さが伝わり感動しました」
「その人その人の作風を楽しめました」
「ご案内の葉書きに掲載してあった絵を、孫が気に行ったから見に来ました」
「生きる原点を感じました」
「見てて楽しく、素直な心になりました」
「貧しい(?)イメージがあるアフリカなのに、明るいリズム感いっぱいで、贅沢な日本人よりずっと生き生きしている感じがして、ほっとします」
「とても明るいあざやかな色彩がびっくりでもあり、新鮮でした」
「こどもが動物大好きで観に来ました。大喜びでした」
「全く知らない地のことが、少し理解出来た様な気がします」
「原色が多いせいもあるが、命のエネルギーみたいなものが伝わってきて元気になりました」
「ペンキで描いているとは驚きです」
「自分の日常生活とは違った世界の刺激を受けました」
「見ていると楽しくなってくる不思議な絵です。描いているところを見てみたいな~」
「とても楽しかったです。元気になれる空間ですね」
「絵本を見ているような楽しさがあります」
「世界の人々がアフリカの原点に戻ると世界平和が訪れることでしょう。人類発祥の地ですから…」
「ティンガティンガアートは、大自然の中からきこえる命の歌、ますますの発展を期待している」
「毎年ここ余白でティンガティンガ展をやってください!」
アンケートにご協力してくださった皆様、どうもありがとうございました。

「アンケート結果~第2回ティンガティンガ展@余白」への4件のフィードバック

  1. バラカタンザニアさん、ジャンボ!
    アンケートの集計結果を興味深く読みました。
    >ティンガティンガアートは、大自然の中からきこえる命の歌
    といういう一文に深く共感します。
    1枚1枚が手書きというところも
    同じテーマでも1枚1枚、
    それぞれ微妙に違うところも好きです。
    アフリカのロマンを感じます。

  2. お久しぶりです、バラカタンザニアさん。
    私の大好きな「マサイの戦士」が3位に入っていて
    とても嬉しいです。
    シンプルな構成で色使いがいっそう映えて、すばらしいと思いました。
    これからも、タンザニア便りを楽しみにしています。
    無理なく、ゆっくりと。V(=^▽^=)

  3. baraka_tanzania

    ☆konekoさん、ジャンボ!
    アンケートまで丁寧に読んで下さり、ありがとうございます。
    大勢の方々から、多岐にわたったご意見ご感想をいただけたので、これをアーティスト達と共有していきたいと思います。
    >ティンガティンガアートは、大自然の中からきこえる命の歌
     ↓
    私も、アンケートの中にあったこの言葉に、はっとしました。
    こんなふうに受け取っていただけたことが、とても嬉しいと同時に、ティンガティンガアーティスト達による作品が、観る方の心にこんなにも響いたんだということに感激しました。

  4. baraka_tanzania

    無有さん、ジャンボ!
    サランゲの描くマサイは、今年どうしてもご紹介したいと思ったモチーフの1つでした。
    無有さんがおっしゃるように、シンプルさの中にある色遣いが素敵なんです。
    マサイの男性が足が長くて細いという身体的特徴も実によくあらわしています。
    ★あたたかいメッセージありがとうございます。
    今までよりさらにポレポレマイペースながら、続けていきますね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。