Article

記事詳細

名古屋市立原小学校へ絵画と民話本の寄贈&交流会

ジャンボ!
第7回ティンガティンガ原画展@栄のため、名古屋に来ています。
昨日の椙山小学校に続いて5月9日、天白区の原小学校に行って、ティンガティンガアートと民話本の寄贈と交流会をしてきました。
原小学校と原中学校は文字通りのお隣同士。
初めに原中学校に行ってしまうというポカをしてしまい、中学の先生に自転車で誘導していただくというハプニングもありましたが、なんとか無事到着。
(原中学校の先生、おさわがししてすみませんでした!!)
原小学校では、5年生127人が体育館で待っていてくれて、お花のアーチでお出迎えしてくれました。タンザニア国旗を背負って登場したティンガティンガ・アーティストのアバース、お花のアーチでの歓迎、とてもうれしそうでした。

自己紹介の後、ティンガティンガ・アートの贈呈

原小学校でも、タンザニアの子供たちの生活や水事情などの話をした後、最後に今年の展示会テーマである、ネルソン・マンデラ氏について、ティンガティンガの作品を紹介しながらお話をし、最後にマンデラ氏の遺した言葉を3つ、英語と日本語で伝えました。
原小学校は、5年生から英語の授業があるそうです。交流会の次に授業がちょうど英語でした。
We can change the world・・・世界を変えることはできる、一部分でも心の片隅に残っているといいなと思います。
アバースからは、原小学校の印象も伝え、自分が子供のころに学んだナカパニャ村の小学校との違いを話しました。
メモを取りながら熱心に聴く子たちが多くて、どんなメモを書いていたのかなと、私も子供たちのメモ書きを見てみたい気持ちです。
5年生全員から、リコーダー演奏をプレゼントしていただきました。アバースも、始めて聴く縦笛の演奏、とっても喜んでいましたよ。
午後からは、ティンガティンガ展会場となるギャラリー余白にて、設営、無事完了しました。
いよいよ本日5月10日土曜日から、18日日曜日まで、第7回ティンガティンガ原画展を開催します。
全部で167点の作品を飾りました。
まさに壁びっしりティンガティンガワールドが広がっています。
アバースも毎日ライブペイントしています。
皆様、カリブーニ(very welcome!)
               by島岡由美子
<第7回ティンガティンガ原画展@名古屋>
▼日時:5月10日(土)~18日(日) 10:30~18:00 
    (9日間・会期中無休、最終日は16:00まで)
▼場所:サロンギャラリー余白
 名古屋市中区栄4-17-30
 TEL:052-262-5454

▼交通アクセス:
 地下鉄栄駅13番出口(中日ビル前)より徒歩7分、
 地下鉄矢場町1番、または6番(松坂屋本館前)出口より徒歩7分
 久屋大通より東に一筋入った武平通り沿い 
 可世木病院、珈琲のコメダを目標にいらしてください。
 (ギャラリーは道路を渡ったところにあります)
♪名古屋会場では、DM(ご案内はがき)持参でご来場のお客様、
先着20名様にプレゼントあり。(会期中毎日)
 
♪5月18日(日) 10:30~11:30 
ティンガティンガ体験ワークショップ 
ギャラリー余白前のスペースにて
(予約不要 先着15名様・雨天中止)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。