Article

記事詳細

日本柔道留学2014モハメッドat講道館&東海大学と、ザンジバルのチーム試合

 ジャンボ!(こんにちは!)
11月も後半、我が家の壁にかけてあるカレンダー2014(2か月ごと)も、1枚となって、風が吹くとぺらぺらするようになってきましたが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
今日は、柔道の話題です。
【モハメッドの日本柔道留学2014at講道館&東海大学】
 
ザンジバル柔道連盟のモハメッドが、11月9日~12月8日の間、日本で柔道コーチングコースに参加しています。

 長年ザンジバル柔道を応援してくださっているプロカメラマンの長尾迪さんが、11月20日に、東海大学にモハメッドを激励に行って、撮影してきてくださった写真を送ってくださったので、皆様にも写真とともに、お伝えしたいと思います。
これは、NPOインターナショナル柔道教育ソリダリティ(代表:山下泰裕氏)主催のインターナショナルコーチングコースで、講道館で3日ほど柔道の歴史を学んだあと、場所を東海大学に移動して、柔道コーチとしての手ほどきを受けています。
プログラムの中には、京都、広島原爆ドーム、宮島といった小旅行も含んで日本のことを学べるよう工夫されていて、最後は東京グランドスラムで、国際大会でのコーチの役割を観て学ぶという貴重な体験も組み込まれているようです。

 モハメッドにとって、日本柔道留学は、2回目。1回目は選手として、講道館と順天堂大学で3か月にわたってみっちり鍛えていただきました。そして、この2回目の日本では、柔道教育ソリダリティのある東海大学で、コーチとしての学びです。
 モハメッドは、長年ザンジバルナショナルチームのキャプテンとして、ザンジバル柔道をけん引してきた選手。ザンジバル柔道連盟の島岡強名誉会長から、「今後は、コーチとして、新しい選手を育てていってくれることに期待しているぞ」と激励されて、日本に旅立ちました。
 ちなみに、今回のコーチングコース参加者は、イスラエル・パレスチナ・ラオス・グアム・コートジボワール・中国、アメリカ、そして、タンザニア(ザンジバル)のモハメッドの8名。モハメッドから届いたメールによると、イスラエルとパレスチナ、対立関係にありますが、「ジュードー」という世界共通のスポーツの元、平和裏の学んでいるようですよ。
 

日本はかなり寒くなってきているようですが、モハメッドをはじめ、各国からの参加者全員、最後まで元気に、学びを深め、日本柔道を世界各国に持ち帰ってほしいです。
モハメッドが、参加者のみなさんといっしょに、最後まで風邪などひかないで、がんばって柔道の学びを深めて帰ってこられますように。
 そして、このたび、インターナショナル柔道コーチングコースという、貴重な学びの場を日本で設け、モハメッドを受け入れてくださった、インターナショナル柔道教育ソリダリティの皆様に、心より感謝します。
引き続き、ザンジバル国内の柔道話題です。
【ゾウがライオンに勝った!~タリブ、10連敗】
 寒い季節に向かっている日本で、モハメッドが柔道セミナーに参加している一方、大乾季に向かい、暑さが増しているザンジバルでは、11月23日、久々の柔道チームイベント。TEMBO(象)チームとSIMBA(ライオン)チームに分かれて団体戦を行いました。
テンボチームの一番手は、最年少で最軽量(まだ46㎏しかないのです)のタリブ、「今日こそ人生最初の一勝目をあげたい」と言っていましたが、あっさり抑え込まれて敗退。これで、タリブは、大人の部に上がって、10連敗。

ところで、柔道の試合は、チームイベントになると、個人戦より盛り上がります。自分が負けても、チームとしての勝利の可能性がありますし、引き分けに持ち込んだり、たとえ勝てない相手と対戦しても、できるだけふんばって相手をいかに疲れさせてから次に引き継ぐかというそれぞれの役目がありますから。

TEMBO(ゾウ)チームのプラカードを持ったタリブ、本人は10連敗めを喫してしまったけれど、先輩たちに、「お前はまだ小象なんだから、負けて当たり前、負ける中から学ぶんだ」と激励されて、一緒にチームの勝利を喜んでいました。
人生の中でも、負けたり、挫折したりする中から学ぶことの方が多いですよね。
タリブが、最初の勝利を味わえるのは、いつの日か、連敗街道驀進中のタリブの今後を見守っていきたいと思います。

(タリブのあこがれの先輩、ナショナルチーム最年少のアブドゥルラッビルと一緒に)
今年は、まだ11月のラインキング大会、12月には恒例のザンジバル武道館杯があるので、年内に念願の初勝利をあげられるといいのですが。

ということで、勝者テンボチームは、ステージに上がってガッツポーズをして、チームイベント終了。

ちなみに、試合後、
「ライオンは、元々ゾウに勝てないんだから、今度は、チームの名前を変えよう」
という妙案(?)も出たので、次回のチームイベントは、キボコヤオ(最強)伝説のあるKIBOKO(カバ)VS TEMBO(ゾウ)がいいかな?
                         by島岡由美子
 
★このところ、FACEBOOKの方に、季節の話題など、プチタンザニア便り書いています。 
★柔道の写真がたくさん入っているザンジバル柔道サイトは、→こちらです。              

「日本柔道留学2014モハメッドat講道館&東海大学と、ザンジバルのチーム試合」への2件のフィードバック

  1. バラカさん、ジャンボ!
    モハメッドさん、ポーズも決まって堂々たる写真です。1カ月間もの日本滞在なのですね。ゆくゆくは頼もしいコーチになられますように!
    柔道の試合、写真からも盛り上がりがよくわかります。タリブさん、体重はほぼ私と同じ。最年少で最軽量でも頑張って!タリブさんの初勝利、遠くて近い(?)日本から願っています。
    ところでライオンはゾウに勝てないのですね~
    余談ですが、この間発表された名古屋の東山動植物園の人気動物ナンバー1は、あのコアラを下してゾウが選ばれました。ライオンは4位、カバは10位でしたよ(^^)

  2. baraka_tanzania

    ★ハリーマさん、ジャンボ!
    モハメッドの写真、本当にかっこいいですよね。プロカメラマンの長尾さん撮影の写真で、日本留学の記録を残していただけたモハメッドは幸せものです!
    最年少、最軽量のタリブへのご声援もありがとうございます。タリブは、ハリーマさんと同じ体重なのですね。11月30日のランキング試合、12月のザンジバル武道館杯と続きますので、年内に一勝挙げられるよう応援していてくださいね。
    東山動物園にも、人気ランキングがあるのですね。「あのコアラを下して・・・」というところで、昔々、コアラが初めて東山動物園に来た当時のフィーバーぶりを思い出しました。私も、その当時、コアラの両手がクリップになっているグッズ、買って、カバンにつけてました。
    そうですか、あのコアラを下して、ゾウがナンバー1でしたか・・・なんとなく、しみじみ(笑)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。