Article

記事詳細

バラカ主催ティンガティンガ原画展2015~GWは横浜で、5月には名古屋と三河安城で開催します!

★☆★ 今年は、3会場(横浜・名古屋・三河安城)で開催します

ジャンボ!今年のバラカ主催ティンガティンガ原画展2015は、横浜・名古屋・三河安城の3か所で開催する運びとなりました。おかげさまで横浜は第6回展、名古屋は第8回展となります。そして、三河安城では初開催します!
第6回横浜展は、4月25日(土)~5月6日(水祝) ≪12日間≫、ギャルリーパリ @日本大通り
第8回名古屋展、5月9日(土)~5月17日(日) ≪9日間≫、ギャラリー余白 @栄
第1回三河安城展は、5月20日(水)~5月24日(日) ≪5日間≫、バルーレギャラリー @三河安城
日時場所などの詳細は、この記事の最後に書きます。

★☆★ 今年の展示会は、アフリカの民話絵本「しんぞうとひげ」出版記念展です!

                   (表紙イメージ)
「アフリカの民話」を出版したのが2012年4月、そのとき以来、「今度はぜひ絵本を作ってください」「読み聞かせしたいので、今度は、絵が大きく載っている絵本がほしいです」というお声を、多方面からいただき、発奮して絵本作りに取り組んできました。
それから3年かかりましたが、アフリカの民話絵本「しんぞうとひげ」が、ポプラ社の世界の絵本シリーズの1つとして、2015年4月上旬(8日)に発刊の運びとなりました。
「我が志アフリカにあり」(ノンフィクション)、「アフリカの民話~ティンガティンガ・アートの故郷タンザニアを中心に~」(民話集)に続き、今度は絵本という媒体を通して、アフリカから発信できることを、素直にうれしく思っています。
ということで、今年は、絵本「しんぞうとひげ」出版記念展と称し、ティンガティンガ・アートでタンザニアの民話の世界も同時に楽しんでいただけるような記念展にしようと、趣向を凝らしています。
絵本発刊についてのお知らせ記事は、こちらです。
★☆★ 『会場には、絵本の原画や、民話をテーマにした作品も並びます』

ティンガティンガ村(工房)でも、アーティストたちが、絵本出版をとても喜んでくれており、今年の絵本出版記念展に向けて、民話を含めて楽しみながら作品を描いてくれています。
もちろん、絵本「しんぞうとひげ」の挿絵原画(byチャリンダ)も披露します。
絵本版「しんぞうとひげ」のキャラクターたちは、とっても不思議かわいい絵になっていて、見ていて飽きることがありません。

ほかのアーティストたちによる、民話をベースに描かれた挿絵風の絵も展示しますのでお楽しみに。

★☆★『タンザニアの鳥獣戯画』にもご注目あれ!
アバースは、日本の鳥獣戯画からヒントを得て、『タンザニアの鳥獣戯画』に挑戦中。(この写真は、作品のほんの一部分で、実物は、日本の巻物のイメージで、横に細長い作品になっていて、タンザニアの生活の様々な場面を垣間見ることができるような工夫がされています。

『タンザニアの鳥獣戯画の一部(byアバース)』

ライオンおじさんが、「むかしむかし、あるところに」と昔話を語っているのを、カメやサルたちが、やけにお行儀よく聞いている姿もあったりして、とってもかわいいんですよ☆
★☆★【バオバブとキリマンジャロも、今年は民話をベースに描かれています】
例年どおり、キリマンジャロやバオバブと動物いっぱいの作品も多くありますが、今年は、
☆バオバブには精霊が宿る、とか、
☆バオバブは、世界の樹の長男として生まれてきたのに、ほかの樹の姿かたちをうらやんでばかりいたので、最後は神様に叱られて、根っこと幹をひっくり返して植えられてしまったとか、

  大きくそびえたつバオバブの樹

☆キリマンジャロ山は、元々もっともっと大きな山だったのが、2つに分かれてしまった、
といった民話をベースに、アーティストたちが、バオバブやキリマンジャロの中にもそれぞれの思い入れを込めて描きました。

これは、2015年2月某日、バスでの移動中に、モシ市内から見た早朝のキリマンジャロ・・・写真が下手で恐縮ですが、民話通り、キリマンジャロの隣にキボ山という山が見えます。
この2つが1つの山だったとすると、とてつもなく大きな山だったのですね。

ヤフィドゥのキリマンジャロと動物いっぱいの作品にも、2つの山がくっきり描かれています。
ちなみに、この季節(2月)、キリマンジャロ山頂付近の雪は、かなり少なくみえました。

★☆★  『3会場とも、ティンガティンガ・アーティスト、アブダラによる、ライヴペイントあり!』

横浜・名古屋・三河安城 各会場でのライヴペイントのために来日するのは、美しい色合いと、堂々としたオーソドックススタイルの作品が人気のアブダラに決まりました。

バラカ主催第2回札幌展、第1回仙台展で来日して以来、3年ぶりの来日になります。
自らも民話をこよなく愛する一人でもあるアブダラは、
「絵本出版記念展で、ライヴペイントをするアーティストに選ばれたのがとても嬉しいです。ティンガティンガ・アートと、民話の中からタンザニアの文化をたくさん感じてほしいです。」
と言っています。ライヴペイントでは、
「動物たちの擬人化スタイルも得意なので、それも披露しますよ。」
とやる気満々。きっと素晴らしく美しく、楽しい作品を描いてくれるでしょう。アブダラの民話ベースの作品も並びますので、会場で探してみてくださいね。
★☆★  『ティンガティンガ村(アート工房)選りすぐりの約30名のアーティストによる作品を展示します』

ティンガティンガ村(アート工房)には約100名のアーティスト達が集まって絵を描いていますが、その中から約40名の選りすぐりのアーティストたちによる、力作が、会場いっぱいに並びます。
タンザニアの豊かな自然や動物、人々の生活を、6色のペンキを使って、下描きなしで、自由にイメージを膨らませて描いていくティンガティンガ・アートをどうぞ存分にお楽しみください。

バラカの歴代日本招聘アーティストたちです、みなさん、何人覚えてくださっていますか?
左から、アブダラ・ドゥケ・ムスターファ・ムワメディ・ベイカー・アバースです。ムブカはこの日来ていなかったので全員集合にはなりませんでしたが、みんな元気に、展示会に向けて新作を描いてくれています。
★ドゥケは、今春、アブダラより一足先に日本へ行って、タカシマヤ@大阪、大丸神戸、ライブペイントを披露することが決まっています。
★☆★ ティンガティンガ村の長老、ムゼー・アモンデの追悼コーナーを設けます

2015年2月18日、ティンガティンガ村(工房)の長老、ムゼー・アモンデが亡くなりました。
創始者ティンガティンガの最後の直弟子として、長年ティンガティンガ・アートの屋台骨を担い、多くの若者を育ててきたアモンデさん。そして自らも生涯現役のティンガティンガアーティストとして、人生を貫きました。日本では、アモンデさんのことを、ジミー大西さんの師匠として覚えておられる方々が多いのではないでしょうか。

私たちバラカは、アモンデさんが遺してくださった作品を、大切にご紹介していきます。味わい深く、争いとは無縁の、とってもほのぼのとしたアモンデさんの作品、どうぞゆっくりご鑑賞ください。
アモンデさんご逝去についての追悼記事は、→http://sky.ap.teacup.com/africafe/1374.html
★☆★ 『横浜、尾張名古屋、三河安城で、お会いしましょう!』
私達(島岡強&由美子)もザンジバル@タンザニアから横浜、名古屋、三河安城の会場に駆け参じ、全日程在廊して皆様をお迎えいたします。ご来場の折には、どうぞお気軽にお声をかけてください。
ところで、愛知県は大きく分けると、尾張地方と三河地方の2つ。名古屋は尾張で、初開催地となる安城市は、三河地方にあります。
今年は、愛知県内の、尾張(名古屋)と三河(安城)の2会場で開催しますので、より広い範囲の方々にお越しいただけたらと思っています。もちろん、会場ごとに別の作品を飾りますので、余白@栄、バルーレ@安城の両方にきてくだったら2倍楽しんでいただけます!
初開催の安城展では、「じゃん・だら・りん活用」の三河弁が飛びかい、楽しくにぎやかな空間となることにも期待しております。
私は、三河弁では、特に、語尾に「りん」がつくのがかわいい感じがして気に入っています。大学に入って、はじめて、三河(蒲郡)の友人に「これ、きりん」って言われたとき、えっキリンって動物のキリン??と思ってしまったのも、なつかしい思い出です。注:「きりん」とは、「着なさいよ、とか、着てみたら」という意味。
また、横浜生まれの島岡会長には、「・・・・じゃん」という言葉は、「横浜っこ」の特権ではなく、もともと「三河っこ」の使っている言葉だったということも、ぜひ知らせたいと思います☆
ということで、みなさま、ぜひぜひティンガティンガ原画展に、いりゃーせ!・・・あっ失礼、これは、名古屋弁でした。
あらためて、
『みなさま、ぜひぜひティンガティンガ原画展2015@横浜・名古屋・三河安城に、いらしてください☆』
★☆★ 『日本とタンザニアの両国にバラカ(恵み)ある展示会になりますように~』
今年も引き続き、展示会収益金の一部で、ティンガティンガ・アーティストへの画材支援や工房修繕、そして、被災地復興を祈りながら東日本大震災被災地への義援金といたします。
バラカのティンガティンガ原画展@横浜・名古屋・三河安城で、アートやグッズを通してアフリカを楽しみながら知り、アフリカのことを考えるきっかけにしていただけたら幸いです。
そして、今年は、会場にて、ティンガティンガ・アートとともに、タンザニアの民話の世界もお楽しみください。
ということで、私たちバラカタンザニアは、ダルエスサラーム近郊にあるティンガティンガ村(工房)で描きあがった作品を順に作品を日本へ送り、バラカジャパンの方で展示会に出す絵を厳選して、額入れをしたり、題名をつけたりなど、ただ今様々な準備の真っ最中です。
今年も、GWには日本大通り@横浜で、5月には栄@名古屋と、三河安城@愛知の会場で、みなさまにお会いできる日を楽しみにしながら、バラカ一同、心をこめてお招きいたします。
みなさま、カリブーニ!(Welcome!)
                       島岡由美子
 ちらし、DM(ご案内はがき)をご希望の方、枚数とご送付先を、お知らせください。
(株)バラカ お問い合わせフォーム
http://www.africafe.jp/postmail/postmail.html
——————————————————————
~バラカ主催 ティンガティンガ原画展2015 横浜・名古屋・三河安城~
 アフリカの民話絵本「しんぞうとひげ」出版記念展
——————————————————————
[[pict:lion]]<第6回 横浜展>
▼日時:4月25日(土)~5月6日(水祝) 11:00~19:00 
 (12日間・入場無料・会期中無休、最終日は17:00まで)
♪オープニング&絵本出版記念パーティー♪
  4月25日(土) 17:00-18:30
  ※事前予約等は不要です。どうぞお気軽にご参加ください!
   
▼場所:ギャルリー・パリ
 横浜市中区日本大通14 KN日本大通ビル(旧横浜三井物産ビル)1F
 TEL:045-664-3917
▼交通アクセス:
 JR根岸線「関内」駅南口下車、徒歩5分、
 横浜市営地下鉄「関内」駅下車、徒歩5分、
 みなとみらい線「日本大通り」駅3番出口すぐ

♪5月3日~5日の3日間(11:00~17:00)、ギャラリー前の日本大通りで、楽しい野外チャリティイベントもあり!★5月5日には、アフリカンミュージックステージもありますよ★

——————————————————————
[[pict:elephant]]<第8回 名古屋展>
▼日時:5月9日(土)~17日(日) 10:30~18:00 
    (9日間・入場無料・会期中無休、最終日は16:00まで)
▼場所:サロンギャラリー余白
 名古屋市中区栄4-17-30
 TEL:052-262-5454
▼交通アクセス:
 地下鉄栄駅13番出口(中日ビル前)より徒歩7分、
 地下鉄矢場町1番、または6番(松坂屋本館前)出口より徒歩7分
 久屋大通より東に一筋入った武平通り沿い 
 可世木病院、珈琲のコメダを目標にいらしてください。
 (ギャラリーは上記の目標建物前の道路(武平通)を渡ったところにあります)

♪5月17日(日) 10:30~11:30
『ティンガティンガdeうちわ』ワークショップあり!
材料費300円・所要時間20分・ギャラリー余白前のスペースにて・雨天中止
事前予約が必要です。申し込み・お問い合わせ先(株)バラカ
TEL06-6763-1155 FAX06-6763-1145 email→baraka@africafe.jp
——————————————————————
[[pict:monkey]]<第1回三河安城展>
▼日時:5月20日(水)~24日(日)
    10:30~18:30 
    (5日間・入場無料・会期中無休、最終日は17:00まで)
    
▼場所:バルーレギャラリー
 愛知県安城市箕輪町唐生128-1 三河安城本店2F
 TEL:0566-76-1556
▼交通アクセス:
 ●電車でお越しの場合・・・ JR「三河安城駅」新幹線南口よりピアゴラフーズコア方面へ徒歩5分、ピアゴラフーズコアを右へ徒歩5分
 ●車でお越しの場合・・・県道R48岡崎刈谷線、JA三河安城と網焼き亭の交差点を南
 【無料P20台あり】

♪5月24日(日) 11:00~12:00
『ティンガティンガキッズライブペイント』ワークショップあり!
バルーレギャラリー前のスペースにて
材料費200円・所要時間60分・雨天の場合中止する場合もあります
事前予約が必要です。申し込み・お問い合わせ先(株)バラカ
TEL06-6763-1155 FAX06-6763-1145 email→baraka@africafe.jp

——————————————————————

[[pict:elephant]][[pict:tiger]][[pict:lion]][[pict:cow]][[pict:animal1]][[pict:monkey]][[pict:piyo]][[pict:kujira]][[pict:animal10]]
絵本「しんぞうとひげ」原画展情報
☆尚、上記3か所以外にも、大阪・神戸・山形で展開するティンガティンガ展でも、絵本原画展を同時開催します。日時と場所は、こちらでご確認ください。

「バラカ主催ティンガティンガ原画展2015~GWは横浜で、5月には名古屋と三河安城で開催します!」への5件のフィードバック

  1. baraka_tanzania

    yoshikoさん、ジャンボ!
    早々の子コメントありがとうございます。
    再会2015を楽しみにしています。

  2. baraka_tanzania

    恵介さん、ジャンボ!
    こちらこそ、横浜展会場で、楽しみにお待ちしています。

  3. baraka_tanzania

    ★セラババさん、ジャンボ!
    拍手コメントに気づかず、レスが遅くなってしまってすみません!
    ティンガティンガ原画展2015へのご声援と共に、札幌開催のリクエストも、ありがとうございます。
    近い将来、札幌での第3回ティンガティンガ原画展が開催できるよう、まずは、春2015の展示会に向けてがんばりますね。
    ★もちろん、セラババさんとお仲間の皆様のことは、よ~く覚えています。私たちも、なつかしい皆様にお会いしたいです。よろしくお伝えください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。