Article

記事詳細

「書泉・学生部」で「アフリカの民話」の連載中です その72

書泉本部の発行する書道誌「書泉・学生部」で、
「アフリカの民話」6年目好評連載中です。
2019年3月号の連載第72回目は、「とりかえ長者 その3 後篇」。
アフリカの人々から伝え聞いた、各地に伝わる民話の中から、まずしい男の不思議なお話です。

********************
書泉本部は、2008年から2015年までの8回にわたり、バラカ主催ティンガティンガ原画展・名古屋展を開催させていただいた、サロンギャラリー余白を運営、書とアートの発展をプロモートしておられます。
★月刊誌「書泉」が創刊70年を迎えられたのを機に、ギャラリー名を「ギャラリー書泉」と改称、2017年3月より貸しギャラリーとして新たなスタートを切られました。 →毎日新聞2017年3月4日地方版で紹介されています

*   *   *   *   *
≪速報≫ バラカ主催ティンガティンガ原画展2019春
TWENDE PAMOJA~共に、未来へ~

【第10回横浜展】
◆日程:2019年4/26(金)~5/6(月祝)
◆会場:ギャルリー・パリ(横浜市中区日本大通14 KN日本大通ビル1階)
【第12回名古屋展】
◆日程:2018年5/17(金)~5/26(日)
◆会場:妙香園画廊(名古屋市中区栄3-14-14(大津通沿い))
☆ティンガティンガ村の様子や、アーティスト達の製作風景、今年の見どころは、→タンザニア便り2019よりご覧いただけます

*   *   *   *   *

********************
☆★☆「アフリカの民話」書泉の連載バックナンバー☆★☆
・1☆2013年4月号 連載第1回目「心臓とひげ」
・2☆2013年5月号 「水を盗んだウサギ その1 前篇」
・3☆2013年6月号 「水を盗んだウサギ その2 後篇」
・4☆2013年7月号 「猿女房 その1 前篇」
・5☆2013年8月号 「猿女房 その2 後篇」
・6☆2013年9月号 「キジのほら穴」
・7☆2013年10月号 「親不孝鳥チクェペ」
・8☆2013年11月号 「猿と亀の友情が終わった日」
・9☆2013年12月号 「ザンジバル一の力持ち」
・10☆2014年1月号 「魚屋になった猫」
・11☆2014年2月号 「母からのみやげ その1 前篇」
・12☆2014年3月号 「母からのみやげ その2 後篇」
・13☆2014年4月号 「カメとイルカの宙返り その1 前篇」
・14☆2014年5月号 「カメとイルカの宙返り その2 後篇」
・15☆2014年6月号 「なまことへび」
・16☆2014年7月号 「ごちそうを食べたかったイヌ その1 前篇」
・17☆2014年8月号 「ごちそうを食べたかったイヌ その2 後篇」
・18☆2014年9月号 「サルとウサギのちえくらべ その1 前篇」
・19☆2014年10月号 「サルとウサギのちえくらべ その2 後篇」
・20☆2014年11月号 「三本の矢」
・21☆2014年12月号 「ナカパニャ村の成人式 その1 前篇」
・22☆2015年1月号 「ナカパニャ村の成人式 その2 後篇」
・23☆2015年2月号 「ライオンとネズミ その1 前篇」
・24☆2015年3月号 「ライオンとネズミ その2 後篇」
・25☆2015年4月号 「カバとワニの友情物語 その1 前篇」
・26☆2015年5月号 「カバとワニの友情物語 その2 後篇」
・27☆2015年6月号 「悪魔の時間 その1 前篇」
・28☆2015年7月号 「悪魔の時間 その2 後篇」
・29☆2015年8月号 「びんぼう富豪 その1 前篇」
・30☆2015年9月号 「びんぼう富豪 その2 後篇」
・31☆2015年10月号 「悪魔の部屋 その1 前篇」
・32☆2015年11月号 「悪魔の部屋 その2 中篇」
・33☆2015年12月号 「悪魔の部屋 その3 中篇」
・34☆2016年1月号 「悪魔の部屋 その4 中篇」
・35☆2016年2月号 「悪魔の部屋 その5 後篇」
・36☆2016年3月号 「井戸をほったワニ その1 前篇」
・37☆2016年4月号 「井戸をほったワニ その2 後篇」
・38☆2016年5月号 「さかなのおんがえし その1 前篇」
・39☆2016年6月号 「さかなのおんがえし その2 中篇」
・40☆2016年7月号 「さかなのおんがえし その3 中篇」
・41☆2016年8月号 「さかなのおんがえし その4 後篇」
・42☆2016年9月号 「ゾウの鼻は、なぜ長い? その1 前篇」
・43☆2016年10月号 「ゾウの鼻は、なぜ長い? その2 後篇」
・44☆2016年11月号 「ちょうちょが飛んだ日~キリマンジャロ山伝説~ その1 前篇」
・45☆2016年12月号 「ちょうちょが飛んだ日~キリマンジャロ山伝説~ その2 後篇」
・46☆2017年1月号 「巨大な山が割れた日~キリマンジャロ山伝説~ その1 前篇」
・47☆2017年2月号 「巨大な山が割れた日~キリマンジャロ山伝説~ その1 後篇」
・48☆2017年3月号 「バオバブの木のなみだ その1 前篇」
・49☆2017年4月号 「バオバブの木のなみだ その2 後篇」
・50☆2017年5月号 「さかさまになったバオバブ その1 前篇」
・51☆2017年6月号 「さかさまになったバオバブ その2 中篇」
・52☆2017年7月号 「さかさまになったバオバブ その3 後篇」
・53☆2017年8月号 「ヤシの木にのぼった十一人のむすこ その1 前篇」
・54☆2017年9月号 「ヤシの木にのぼった十一人のむすこ その2 中篇」
・55☆2017年10月号 「ヤシの木にのぼった十一人のむすこ その3 中篇」
・56☆2017年11月号 「ヤシの木にのぼった十一人のむすこ その4 後篇」
・57☆2017年12月号 「ものくわぬ女房 その1 前篇」
・58☆2018年1月号 「ものくわぬ女房 その2 中篇」
・59☆2018年2月号 「ものくわぬ女房 その3 中篇」
・60☆2018年3月号 「きれいになりたかった蛙 その1 前篇」
・61☆2018年4月号 「きれいになりたかった蛙 その2 後篇」
・62☆2018年5月号 「泥から生まれたどろんこ娘 その1 前篇」
・63☆2018年6月号 「泥から生まれたどろんこ娘 その2 中篇」
・64☆2018年7月号 「泥から生まれたどろんこ娘 その3 後篇」
・65☆2018年8月号 「わがままシモンジャ その1 前篇」
・66☆2018年9月号 「わがままシモンジャ その2 中篇」
・67☆2018年10月号 「わがままシモンジャ その3 後篇」
・68☆2018年11月号 「ハチとハエ」
・69☆2018年12月号 「バナナが食べたかったウサギ」
・70☆2019年1月号 「とりかえ長者 その1 前篇」
・71☆2019年2月号 「とりかえ長者 その2 中篇」
********************

*   *   *   *   *
BARAKA BOOKS
*   *   *   *   *

アフリカの本のお求めは全国書店、オンラインストアにて
バラカのセレクトショップでも販売しています。
図書館ご利用の方へ~地域の図書館にも入り始めています。見つからなかったら、図書館でリクエストしてください

*   *   *   *   *


アフリカ民話書籍『アフリカの民話集 しあわせのなる木』(未來社)
文 島岡由美子
絵 ヤフィドゥ・マカカと8人のティンガティンガ・アーティストたち
▼単行本 四六判並製 222ページ 定価2,000円(税別)
▼2017年11月21日発刊 ▼出版元:未来社   ISBN978-4-624-61042-5
ザンジバル在住30年の著者が、アフリカの人々から伝え聞いた、おおらかでユニークな空気をたっぷり含んだ民話20篇を、ティンガティンガ・アートの挿絵とともにお届け!
人びとの暮らしの様子や習慣、学校生活などを写真と共に紹介する「アフリカの民話を楽しく読むために」(著者解説)も収録。

「アフリカの民話~ティンガティンガ・アートの故郷、タンザニアを中心に~」
文・写真 島岡由美子
絵 モハメッド・チャリンダ
▼単行本 A5判上製 オールカラー 208ページ 定価1,500円(税別)
▼2012年4月27日発刊 ▼出版元:バラカ   ISBN978-4-906909-00-1
ザンジバル在住25年の著者が、アフリカの人々から伝え聞いた、各地に伝わるお話22篇を、ティンガティンガ・アートの挿絵とともにご紹介する民話集。
アフリカの民話の楽しさや驚きを、たくさんの現地の写真とともに味わえる、読み聞かせにもお勧めの一冊です。
▼読者カスタマーレビューのページはコチラ

*   *   *   *   *

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。