Article

記事詳細

キュートで丈夫 オレアンダー、夾竹桃

ちょっぴりねじれのある、風ぐるまのような花びらが、キュートなオレアンダー。
和名は、セイヨウキョウチクトウ。
キョウチクトウ(夾竹桃)といえば、日本でも夏の花としておなじみですね。

ダルエスサラームの国内線用空港で、雨上がりの真っ青な空に向かって咲いていました。

 
ここでは、大雨季が始まると、「雨が降るたびに、お日様が磨かれて、ぴかぴかになる」といわれています。
つまりは、お日様が強くなるという意味なのですが、もうこれ以上磨かなくていいよ!というほど、雨上がり直後は、お日様が強くなって、水たまりも一気に蒸発。
熱い、暑い日々です。
そんな暑いときには、この花がよく似合います。

学名. Nerium oleander.
英名 オレアンダー
キョウチクトウ科

🌸 花言葉は、→危険な愛・用心 
見た目の優しい雰囲気とは裏腹に、毒性があるという特徴からつけられたようです。
恋愛も、人生も、表面上の優しさには、ご注意を🌸

紅色のオレアンダー@アマニスタジアムの前

シャープな感じの実がなっていました。
************
   

↑    ↑
こちらは、八重の夾竹桃@ザンジバルのマリンディ 魚市場の前

八重もなかなかきれいです。
   
**********
Smiles in Africa always make me Happy!

アフリカには、笑顔という花も、たくさん咲いていて、この花たちは、いつも私を励まし、Happyにしてくれます。
*************
今日の笑顔は、この1枚。

いつもニコニコのアスマちゃん。
周りもつられてニコニコしちゃうような雰囲気をもっています。
タンザニアの学校も、新型コロナウィルスの影響で、長く休校が続いていますが、6月1日から学校が始まるそうです。
アスマちゃんも、またニコニコしながら、学校に通うことでしょう。
皆さんの周りには、どんな花が咲いているでしょうか?
            バラカタンザニア    しまおか ゆみこ
******2022年2月追記*****
🌼バラカのHP熱帯の花・アフリカの花の目次は、こちらです。みなさま、ご一緒に、トロピカルフラワーを楽しみましょう!
🌻「アフリカに咲く熱帯の花、笑顔の花 ワイルドフラワー120」(オールカラー)
を、2022年2月にかもがわ出版から上梓しました。

この本は、全国書店、アマゾンなどオンライン、バラカのセレクトショップでも購入できます。図書館ご利用の方はリクエストしてくださいね。
🌺動画で、アフリカ花の旅に出ませんか?
https://youtu.be/qx4zy5uq4dw (1分半のショートバージョン)
https://youtu.be/6x8AY5rKz8E (たくさん花木がみられる5分のロングバージョン)
******
☆タンザニア便りも綴っています。
最近の記事は、こちら、目次ページは、こちら

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。