Article

記事詳細

ティンガティンガ原画展@そごう広島

○会場:そごう広島 本館1階=ミレニアムスクウェア
○日程:2022年6月14日(火)~6月20日(月)
*   *   *   *   *   *

そごう広島店様にて、
アフリカン現代アート ティンガティンガ原画展
~笑顔の花~
を開催いたします。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

▼日時:2022年6月14日(火)~6月20日(月)
▼営業時間:午前10時~午後8時
※最終日は17:00閉場
▼会場:そごう広島 本館1階=ミレニアムスクウェア
〒730-8501 広島県広島市中区基町6-27 
TEL:082-225-2111(代表)
▼入場無料
★交通アクセスは公式HPをご覧ください

【ティンガティンガ・アート】

 ティンガティンガ・アートとは、1968年にタンザニアにおいて、E.S.ティンガティンガ氏とその弟子たちが、6色のエナメルペンキを用いて、自国の豊かな自然、動物や鳥、人々の暮らしを、色鮮やかに描き出した絵画のスタイル。誕生から50年が経った今、ティンガティンガ芸術工房において、約100名のアーティストたちが、創始者の作風や精神を引き継ぎ、活動中。
 本展では、現在活動するアーティストたちの原画を展示販売します。

【来日画家ムワメディ氏によるライヴペインティング(連日)】

ムワメディ氏の来日が決定し横浜展、名古屋展にてライブパフォーマンスを披露いたします。

クリックすると元のサイズで表示します

■ 来日ティンガティンガ・アーティスト ムワメディ氏の経歴 ■
1979年ダルエスサラーム生まれ
ティンガティンガアーティストの父Rajab Chiwayaの影響で1991年から絵筆を持ち、
ティンガティンガアートの世界へ。1995年から本格的に活動を始める。
「私は、小学校しか行っていないけれど、ティンガティンガアーティストとして誇りを持って生きています。父から習ったオーソドックスタイプと、自分らしさを前面に出した作風の二つを描き分けています。ゾウやキリン、鳥などは、描き方が幾通りもあるんですよ」
作品ごとに表情や描き方が変わる動物たちの絵が人気。
美しい色遣いもMWAMEDIの持ち味。2014年初来日。

「キテンゲ柄のキリンたち~モノクロ~レインボー」
by Mwamedi(ムワメディ)
※来日アーティスト作品

クリックすると元のサイズで表示します

「ダウ船~ブルージャングル」 
by Mshana mzuguno(ムシャーナ・ムズグノ)

クリックすると元のサイズで表示します

【手仕事が光る アフリカンハンドメイド雑貨】

クリックすると元のサイズで表示します

【アフリカ布と日本の職人技の融合 人気沸騰中アフリカンファッション&ファブリック】

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 

*     *     *     *     *

 アートや布雑貨の背景にある物語を感じ、身近に取り入れて楽しむことが、遠く離れたアフリカの経済的自立にも繋がっています。

 

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

バラカスタッフが、笑顔でみなさまのお越しをお待ちしております!

【アフリカ製品動画プロジェクト】

クリックすると元のサイズで表示します

弊社取り組みとティンガティンガアートについて、Youtubeにて公開中です。
詳しくは「baraka アフリカ製品プロジェクト」で検索!チャンネル登録お願いします!

↓下記QRコードからもご視聴頂けます。

クリックすると元のサイズで表示します114

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

過去のブログを見る

過去の全てのブログはこちらからご覧頂けます。