Article

記事詳細

タンザニアのお母さんの見る夢は

アフリカ雑貨のお店に行ったら、かわいいソープストーンの新作がいっぱいで楽しかったです。

一番笑ったのは、とぼけた顔のフクロウ達🦉

いねむりネコさんも、まったり新登場🐈 (背中ピンの猫さんではなく、丸まって寝ています)

お店のメリーさん(右)にはお母さんとして、エンジェルさん(左)にはお母さんへの想いを聞きました。

********

『メリーさんの夢』

メリーさんは、11歳と14歳の子のお母さん。

夢は、親戚にあずかってもらっている子たちを呼び寄せて、家族一緒に住めるようになること。

*******

『エンジェルさんから、キリマンジャロのふもとの町で暮らすお母さんに伝えたいこと』

 ↓   ↓

「ママが私のことを世界で一番愛してくれているから、離れていてもがんばれます。

アサンテ(ありがとう)なんて言葉じゃ全然足りないぐらい感謝でいっぱい。

1年に一度は絶対会いに行くから、亡くなったパパの分まで長生きして下さい」

***********

☆メリーさんの夢がはやく叶いますように。

☆エンジェルさんが毎年お母さんに会えますように。

************

二人がもっているのは「お母さんが夢に乾杯する日(7月30日)」のポスター。

横浜のティンガティンガ展を取り上げて下さった お母さん業界新聞 の植地ひろみさんより、お知らせ&画像データいただきました。

「子育ては社会の課題」という考えに共感し、全国のお母さま方の夢が、叶いますようにと祈ります。

ザンジバルで、「ママ=お母さん」というのは、生みの親のことだけではなく、親戚のおばさんや地域の人も含めた その子にとって身近な女性たちみんなのこと、「ババ=お父さん」も同じく親だけではなく、身近な男性をそう呼んでいます。

これは、地域のみんなで子育てしているからなのでしょうね。自分の子じゃなくても、かわいがり、時には叱り、そういうところ、とてもいいなって感じています。

日本も昔はそうだったのでしょうけれど。

                          島岡由美子

お母さん業界新聞で紹介いただいた ティンガティンガ原画展の記事は→https://www.okaasan.net/mjreport/71705/

#お母さんの夢 #お母さん業界新聞 #お母さんが夢に乾杯する日

#ソープストーン #まったり猫さん #フクロウ #オブジェ

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。