Article

記事詳細

アフリカ民話絵本「しんぞうとひげ」が厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財に決定しました!

皆さま、ジャンボ!
ポプラ社刊 アフリカ民話絵本「しんぞうとひげ」が、厚生労働省 社会保障審議会 推薦児童福祉文化財に、決定しました!

全国の教育委員会等へ通知してくださり、絵本の表紙はポスターになって、日本全国の学校に配付されます。
新刊だけでも毎年児童書 約4800冊、絵本 約2300冊が出版されていると言われています。その中から推薦いただけたということは、とても光栄です。
「しんぞうとひげ」がたくさんの子どもたちに読んでもらえる、きっかけになれば、こんなに嬉しいことありません。
○・・・・・・・○・・・・・・・○・・・・・・・○・・・・・・・○
  著者 島岡由美子からのメッセージ

12月7日に、ポプラ社さんより、アフリカの民話絵本「しんぞうとひげ」が、児童福祉文化財になったという知らせを受け取りました。
素直にうれしく感じています。
そして、「心臓」と「髭」が主人公という、世にも不思議なお話を語ってくれた、ザンジバルのおばあさん、
すばらしい挿絵を描いてくれた、ティンガティンガアーティストのチャリンダさん、
すてきな絵本に仕上げてくださったポプラ社さん、
出版にご協力くださった方々、そして、
いつも心から応援してくださっている皆様のおかげと、
感謝の気持ちでいっぱいです。
みなさま、ありがとうございました。
◆・・・・・・・・・・◆・・・・・・・・・・◆・・・・・・・・・・◆

アフリカの民話絵本「しんぞうとひげ」
ポプラせかいの絵本(47)
島岡由美子 採話
モハメッド・チャリンダ 絵
★平成27年度厚生労働省 社会保障審議会推薦 児童福祉文化財
◆大型絵本 31cm×22cm オールカラー 40ページ
▼発行元 : ポプラ社
▼2015年4月8日
ISBN978-4-591-14471-8
アフリカの民話22編を紹介する「アフリカの民話~ティンガティンガ・アートの故郷タンザニアを中心に」から、
とびきりふしぎ面白い民話「しんぞうとひげ」が、ポプラ社世界の絵本シリーズの一つとして、ついに絵本になりました!
チャリンダさんが描き起こした、色鮮やかなティンガティンガ・アートでタンザニア民話の世界を、お楽しみください!
お求めはお近くの書店またはオンラインショップで。
全国の図書館にも入り始めています。見つからなかったら、図書館でリクエストしてください☆
◆・・・・・・・・・・◆・・・・・・・・・・◆・・・・・・・・・・◆
児童福祉文化財は、厚生労働省社会保障審議会が「児童の道徳、情操、知能、体位等を向上せしめる効果をもつ作品」として、子どもと家族、保育士など子どもと関わる立場の人向けに推薦する出版物、舞台芸術、映画・メディア等の作品群のことです。
絵本や児童書、演劇や人形劇、ミュージカルやコンサート、映画、テレビ番組など、幅広い分野を対象としています。
児童福祉文化財HP
厚生労働省動画チャンネル
児童福祉文化財について~すべての子どもたちに優れた児童福祉文化財を~

「アフリカ民話絵本「しんぞうとひげ」が厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財に決定しました!」への4件のフィードバック

  1. 和田佳子さま
    お祝いコメントありがとうございます!
    日本中に、しんぞうとひげファンの子どもたちが増えてくれたらほんとうに嬉しいです!

  2. づみさま
    お祝いコメントありがとうございます!
    全国の学校で、読書感想文コンクールなどに、しんぞうとひげを選んでくれたらすごく嬉しいです!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。