Article

記事詳細

アフリカの民話「しんぞうとひげ」が愛媛県立図書館の新刊だより「子どもにおすすめの本」に掲載されました

皆さま、ジャンボ!
愛媛県立図書館、2016年4月発行の新刊だより「探検しよう!本の国・子どもにおすすめの本2016」にアフリカの民話「しんぞうとひげ」(ポプラ社)が掲載されました。
昨年一年間に発行された子どもの本の中から、幼児から中高生までを対象に、50冊の本が年齢に応じて紹介されています。アフリカの民話「しんぞうとひげ」は幼児向けのコーナーで紹介されています。
アフリカの民話「しんぞうとひげ」の他、ウガンダを舞台にエイズで親を亡くした子供たちが、希望をもって生きている姿を描いた作品や、シエラレオネ出身の孤児が差別や偏見に苦しみながらも、懸命に夢に向かって生きていく姿が描かれた作品など、アフリカを舞台にした物語が紹介されています。
これらの物語を通して、たくさんの子どもたちに、「アフリカ大陸」という存在を、身近に感じてもらえたら嬉しいです。

◆・・・・・・・・・・◆・・・・・・・・・・◆・・・・・・・・・・◆

アフリカの民話絵本「しんぞうとひげ」
ポプラせかいの絵本(47)
島岡由美子 採話
モハメッド・チャリンダ 絵
★平成27年度厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財
◆大型絵本 31cm×22cm オールカラー 40ページ
▼発行元 : ポプラ社
▼2015年4月8日
ISBN978-4-591-14471-8
アフリカの民話22編を紹介する「アフリカの民話~ティンガティンガ・アートの故郷タンザニアを中心に」から、
とびきりふしぎ面白い民話「しんぞうとひげ」が、ポプラ社世界の絵本シリーズの一つとして、ついに絵本になりました!
チャリンダさんが描き起こした、色鮮やかなティンガティンガ・アートでタンザニア民話の世界を、お楽しみください!
お求めはお近くの書店またはオンラインショップで。
全国の図書館にも入り始めています。見つからなかったら、図書館でリクエストしてください☆
◆・・・・・・・・・・◆・・・・・・・・・・◆・・・・・・・・・・◆

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。