Article

記事詳細

ザンジバルの風物詩 革命記念日の美しい建物デコレーション

ザンジバルでは、年末ごろから、各省庁はじめ、公共のオフィスや学校などの建物の飾り付けが始まって、華やかになります。
といっても、電気でピカピカのイルミネーションではなく、ザンジバルの国旗の色にあわせた布でのデコレーションです。

これは、けしてクリスマス用でも、新年用でもなく、1月12日のザンジバル革命記念日の式典に向けての準備の1つなのです。

ご存じのように、タンザニアは、タンザニア本土(タンガニーカ)とザンジバルとの連合国家なので、ザンジバルには、タンザニアとは別の国旗も国歌もあり、国民投票で選ばれた大統領がいて、ザンジバル政府の元に各省庁があります。

これが、ザンジバルの国旗です。
なので、今年はタンザニア独立60周年と謳っていますが、これはタンガニーカというタンザニア本土側のことで、ザンジバルとの連合国家になってからは57年です。
というように、ザンジバルとタンザニア本土は 連合国家になる前は、それぞれ別々の歴史をもっているので、ザンジバルで一番大きな行事は、このザンジバル革命記念日の式典ですが、逆にこれはタンザニア本土の人にとっては、ただの休日に過ぎないという微妙な感じも。

そして、ザンジバル革命というのは、平たく言えば、オマーンを中心とするアラブ人を虐殺し、追い出して政権を取ったものですから、今でもアラブ系の人にとっては、その日は祝日ではなく、苦い歴史の日でもあるというわけです。
ザンジバルとタンガニーカ本土もそうですし、ザンジバルにいるアラブ系とアフリカ系の人々も、様々な思惑や政治的立ち位置では微妙なものがありますが、国民同士のパーソナルな歩み寄りと政策面での配慮の中で平和が保たれ、国が成り立っています。
とまあ、いろいろありながらも、ザンジバルは革命記念日に向けて建物がデコレーションされて美しい景観になっています。
今年もウォーキングがてら、写真を撮ってきました。
デコレーション大賞を選ぶとしたら、どの建物でしょうか?

ナショナル・スポーツカウンシルは、昨年末のクリスマス前に、いち早くデコレーションを完了。

ザンジバル革命50周年記念の年に建てられるはずだったけど、完成が遅れた革命タワー(というほど高くないのですけど)

ザンジバル最高裁判所にも美しい布飾りが。

2年前の年末に崩れ落ちたザンジバルのシンボルの1つだった「驚嘆の家」は、まだ未修復で、トタンに囲まれたまま。いつ修復作業が終わるのかは神のみぞ知る状態のようです。

本当ならオールドフォトの向こうには、大きな時計台がついた立派な建物が見えていたのですが・・・。
そんなこんなで、今年も1月12日にザンジバルでは革命記念のパレードや、国をあげての様々な式典が終わり、やっと日常が戻ってきたという感じです。
何気なく上を見たら、ハイビスカスが、こんにちは!

どんなに暑い日でも元気に咲いているハイビスカスは、The熱帯の花という感じがしますね。
日本はどんな花が咲いているでしょうか?
バラカタンザニア     島岡由美子
タンザニア便り、目次ページは、→こちら
アフリカの花便り、目次ページは、→こちらです。
★☆★☆★☆★☆★☆
[[pict:niko]]「アフリカに咲く熱帯の花、笑顔の花ーワイルドフラワー120」、2022年2月22日かもがわ出版より、発刊予定です。

花と笑顔の写真から、アフリカのほがらかな魅力を、オールカラーでご紹介します。
アマゾンなどオンラインでの予約も開始されており、バラカのセレクトショップでも送料無料で購入できます。
図書館ご利用の方は、ぜひリクエストしてください🌼

クリックすると、大きい画像が開きます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。