Article

記事詳細

長井マラソンで活躍したタンザニアチーム、風光明媚 秋の長井@山形を満喫~最上川・芋煮・野球場

タンザニア陸上チームと行った秋の長井市@山形は、暑くもなく寒くもなく、とても清々しい気候で、秋の日本、山のある風景を堪能しました。

私は普段、山のない平坦な島ザンジバルで暮らしているので、山のある風景がなつかしく、好きなんです♡

<3年ぶりの長井マラソン無事終了 送別会>

さて、2022年10月16日に、3年ぶりに開催された長井マラソンは、タンザニアからの招待選手、オリンピア(リオ5位 東京7位)のシンブ選手がハーフマラソン優勝、シアノ選手がフルマラソン優勝とタンザニア勢が大活躍して幕を閉じ、長井市長内谷氏はじめ市民の皆様との送別会、新しくなった長井市役所見学などのあと、無事タンザニアに帰っていきました。

タンザニアチームへの応援ありがとうございました!

左から、シンブ選手、内谷長井市長と、ナアシ選手。送別会で。
市役所の建物にある長井議会場を見学。シンブ選手は議長席に座ってご満悦。 右から二人目は、往年のマラソン・スター、イカンガーさん。
長井市役所の長~い廊下で、ティンガティンガ・アートを発見した選手団、「タンザニアの誇るものは、陸上だけでなくアートもだね」と喜んでいました。
長井市役所に隣接している山形鉄道の長井駅  「えっ?俺たち、市役所を案内してもらっていたはずなのに、ここから駅?」みたいな感じで驚いていました。(私もびっくり)

******

そんなこんなで、長井マラソン本番の後もは、長井滞在を満喫したタンザニアマラソンチーム、「また長井マラソンに来たいね」と言い合いながら、成田空港から帰って行きました。  長井マラソンの様子は→https://africafe.jp/news/16077

********

<高校球児たちの青春の場所>

ところで、私たち島岡は、長井マラソンの陸上チーム同行と共に、ザンジバル野球チームの長井訪問の打ち合わせも兼ねていまして、長井マラソンの間を縫って、ザンジバル野球のうちあわせで、高校選抜 #東北大会 の会場 スタジアムやまがた@中山町 に行ったのは、準決勝(#聖光学院VS東北高校)の最中。

結果は、8回裏に4点たたき出した東北高校が決勝に。
負けたチームの号泣する声が、スタンドまで聞こえてきて切なかったです。
まさに野球にかける青春の現場でした。

優勝旗も見せていただきました。
想像以上に重厚で立派で驚きました。全国の高校球児は、みんなこれを目指しているのですね。

***************

<長井フラワー線から見える、長井市民球場TBC球場>

マラソンチームの次に長井市を訪れる予定のザンジバル野球チームが練習したり、交流試合をするのは、ここ。

長井市民球場TBC球場。

マラソンに続き、野球の受け入れの担当者も鈴木さんと平さん(右)。

三塁側の向こうには、山形鉄道長井フラワー線が走っていて、一両編成のかわいいイラストがついた電車がガタンゴトンと走ってくる風景は、なんとものどかでいい感じ。 バックネットの裏手には、美しい最上川が流れていました。

**********

<山形の秋といえば、芋煮!>

 「里芋」と牛肉、名物のおふや、こんにゃくなどの煮込みで、家族や友達、学校からも河原で楽しむ習慣が長く続いているそうです。   長井マラソン会場でも、1000人用の鍋が登場!

里芋にも大根にもあじがしみて、と~ってもおいしかったです! おだしのあじも最高でした。        

ちなみに、山形内でも、芋煮の具と味が違っていて、北の方の芋煮は、豚肉でみそ煮なのですって。

マラソンチームも「チャクラ キズーリ」(うまいね)と、パクパク食べていました。

       

*******

山形のりんごの思い出

冒頭で、柿の木の風景をご紹介しましたが、山形といえば、りんごもはずせませんね。

長井市からスタジアムやまがたに行く道沿いにも、美しく色づいた #リンゴの木 が、あちこちで見られました。

私が初めてリンゴを木からもいで食べたのは 数年前の山形(寒河江町か、朝日町)で、そのときなぜか、#赤毛のアン もこうやって食べていたんだなって連想したことを覚えています。

*********

<コキア・ホウキギ・ホウキグサ>

マラソン会場で、とっても不思議で美しい木にも出会いました。

コキア ホーキグサ ホーキギ というそうです。

遠目からは、カラースプレーで色付けしたの?と思うほどの美しいグラデーションで、これが自然の色だとしってとても驚きました。

景観用と、箒に使われるそうです。

すばらしい色彩のコキアに巡り合えてうれしかったです。自然はまさに芸術家ですね。

長井市訪問は三度目でしたが、秋は初めてで、風光明媚で水も食べ物もおいしい長井市@山形のいいところをたくさん発見することができました。

次にやってくるザンジバル野球チームも、きっとはりきって野球をし、長井市での滞在を思い切り楽しみ、市民の方々とたくさん交流することでしょう。

長井市の皆様、マラソンチームに続いて、野球チームもよろしくお願いします。

                                  島岡由美子

★柔道での長井市との交流の様子は→こちら

★水と緑と花のまち 山形県長井市の紹介記事は→こちら

P.S ご紹介しきれなかったおすすめ

★丸万の板そば     ~自家製粉十割そば そば処丸万 (長井市)
★一寸亭の冷たい肉そば  ~ 昭和33年開業の蕎麦処「山形一寸亭」(西村山郡河北町)
★駅でポスターをみつけた菊まつり(南陽市) ~ 南陽の菊作りは十七世紀から始まり、菊人形を飾る菊まつりとしては全国一の歴史があるそうです。

        

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。